『炎炎ノ消防隊』京アニ放火を受けて放送見送りへ 京アニの被害も甚大 犯人の実名が明らかになるも……

『炎炎ノ消防隊』京アニ放火を受けて放送見送りへ 京アニの被害も甚大 犯人の実名が明らかになるも……の画像1
京都アニメーションの公式サイトより

 TVアニメ『炎炎ノ消防隊』(MBS・TBS系)は、7月19日に放送を予定していた第3話について、放送および配信を見送ることを発表した。MBSによれば、18日に発生した京都アニメーションの放火事件を受けて、「事件の直後ということを鑑み、放送見送りを決定いたしました」と説明している。

 炎の怪物に立ち向かう特殊防衛隊の姿を描いた『炎炎ノ消防隊』。作品の内容と今回の事件に直接の関係はないものの、賢明な判断と言えよう。

 京都アニメーションの損害は計り知れないが、甚大であるのは言うまでもなく、すでに多くの作品に影響を与えている。『Free!』は、2020年夏公開予定の新作劇場版に関する続報公開を中止に。また、京阪電気鉄道株式会社は『響け!ユーフォニアム』のコラボ企画画「京阪電車×響け!ユーフォニアム 2019」の開催を延期すると発表した。

 そして、『Free!』の劇場版シリーズのほか、9月6日公開予定の『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形-』などを配給する松竹では、予告編の上映を中止するとした。公開時期が延期される可能性もあり、ネット上では制作者の安否を心配する声と共に「そもそも上映されるのか」という不安の声も上がっている。

 事件から一夜が明け、犯人の男の犯行動機や実像が少しずつ報じられている。19日には、犯人の実名も報道された。住所・職業不詳、青葉真司容疑者(41)と警察が明らかにした。

 男に京アニの勤務歴はなく、警察には「自分の小説を盗まれたからやった」という趣旨の供述をしている。くだらない理由で多数の命が奪われたのかと思うと、悔しくてたまらない。

『炎炎ノ消防隊』京アニ放火を受けて放送見送りへ 京アニの被害も甚大 犯人の実名が明らかになるも……のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説