『キャロル&チューズデイ』シベールのストーカー気質とアンジェラの銀河の歌姫感…準決勝が混戦となることを予想させた#9レビュー

 全世界の音楽を愛する人に捧げる、2人の少女が起こした奇跡の物語『キャロル&チューズデイ』。#9『Dancing Queen』が放送された

 準決勝進出を決めたキャロル&チューズデイ。その翌週、今度は「マーズ・ブライテスト」の第3戦、第4戦が行われる。出演を控えたシベールは、チューズデイに髪型はどれがいいかを尋ね、さらに一緒にコンビを組もうと迫ってくる。シベールをうまくあしらえないチューズデイに苛立つキャロル。そのシベールが第4戦で対戦するのは、アンジェラだった。

 先週に引き続き、オーディション後半戦が始まった。今回はキャロチューの出番は無いものの、準決勝で当たることになるだろう対戦相手の下見も兼ねて、ふたりはスタジオに見学に行く。

 先週現れたチューズデイの熱狂的ファンのシベール。なぜか「シベールアンドチューズデイ」を組もう、とよりにもよってキャロルの前で言ってくる。はっきりと拒否しないチューズデイを見て、キャロルもさすがにチューズデイに本心を確認する。

 どうやらこんな風に、押せ押せで来られたことが無くてどうしたらいいのかが分からない様子。

 それにしても「緊張してるからハグして?」と言われて軽々しくあまり知らない相手とハグしちゃだめだよ、チューズデイ……。案の定、なぜか首に噛み跡をつけられてしまう。いくら女の子相手でも、これは怖い。

 そんなシベールは、チューズデイに逢いたかったからオーディションは適当に受けたという割に、審査員をも魅了する歌唱力を見せつけた。

 相手がアンジェラでなければ決勝進出は固かったのではないだろうか。オーディション中の歌唱に字幕が付かないキャラクターは、落選の法則もシベールのときには反映されなかったし、あの去り方にはこれからひと悶着ありそうだ。シベールの今後の動きにも注目だ。

 そして大本命のアンジェラが、とうとう歌声を披露した。審査員や観客からの期待を軽く超えて、パフォーマンスを見守っていた人たち全員を「モデル・アンジェラ」のファンから「歌手・アンジェラ」のファンへと変えてしまった。

 耳になじみやすい王道ポップだった。アンジェラも今後持ち曲が増えるのだろうか。この歌声で色々な楽曲を聴いてみたい。

 タオは、アンジェラが勝ち進むことを規定と考えていたからか、アンジェラに会うことも歌を聴くこともなく、キャロル&チューズデイに会って小さな質問をして会場を後にした。アンジェラの曲を一手に引き受けるタオが、歌を一度聞いただけでふたりに注目をしている理由は、アンジェラのライバルになりうると思っているからなのだろうか。

 次回はとうとう準決勝。勝ち残った4組の組み合わせはどのようになるのか。タオの思惑はどこにあるのか。来週も目が離せない。
(文=三澤凛)

『キャロル&チューズデイ』シベールのストーカー気質とアンジェラの銀河の歌姫感…準決勝が混戦となることを予想させた#9レビューのページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説