“アンパンチ論争”真面目に議論している人いない説……解決策が「大喜利レベル」だと話題

アンパンチ論争真面目に議論している人いない説……解決策が「大喜利レベル」だと話題の画像1
「アンパンマン」公式サイトより

 8月18日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)が、“アンパンチ論争”について特集。番組で紹介された解決策が「大喜利レベル」だと話題になっている。

 アンパンチ論争とは、『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)に登場する“アンパンチ”が暴力的ではないかとの論争。世の中の親たちから、何でも暴力で解決するアンパンマンに対して否定的な声が上がっているという。そんな中で番組は、ネット上の声として「アンパンチに代わる非暴力的な解決策」を紹介。「アンパンチのシーンだけ『お花畑』を見せる」「『アンパンマンは寸止めしています』とテロップを入れる」「強く抱きしめてキス」など、真面目に考えたとは思えないものばかりだった。

 これに視聴者からは、「boketeかな?」「完全に大喜利じゃん」「キスで解決する場面を見せる方が悪影響になるのでは?」といった声が。しかし番組で取り上げられた声は、「#アンパンチに代わる非暴力的な解決策」というハッシュタグのツイート。つまり“大喜利のような”ではなく、完全に大喜利ということになる。

 実際に同ハッシュタグでツイートを辿ってみると、「ファブリーズで消毒する」「法の裁きにかけるのが正攻法」「サシ飲みしよう!」「殴り合いに発展する前に脅す」「思い切って大人向けアニメにする」といった投稿が。恐らく大体の人がアンパンチ論争について、「真面目に議論するのがバカバカしい」と思っているのではないだろうか。

“アンパンチ論争”真面目に議論している人いない説……解決策が「大喜利レベル」だと話題のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説