『凪のお暇』垂れ目の慎二に髪型の異なるゴン…キャストに不安を覚えながらも実はベストキャストだった!

 仕事も恋も全て捨てた28歳OLが突然の失踪! 追いかける元カレと新しく出会う人たちを巻き込んだ人生リセットストーリー! 『凪のお暇』第1話がオンエアされた。

 都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

 好きな漫画のドラマ化は実にソワソワする。筆者はこの原作漫画が大好きで、何度も繰り返し読んでいた。だからドラマ化の報を受けたときに、嬉しい反面かなり不安にもなった。

 まだ原作は未完である。結末がどこに向かうのかまだ確定していない。だから続きを首を長くしてまっている状況なのだ。ということは、ドラマの後半はオリジナルストーリーになる可能性が高い。

 キャストの発表にも最初不安を感じた。明らかに作られた感のある凪の天然パーマ。猫目のはずの慎二が、タレ目代表の高橋一生。ゴンの髪型が全然異なる中村倫也……とメインキャストだけでも不安と心配が付きまとっていた。

 そして運命の第1話放送日。あ、凪ちゃん……ストレート時代かわいい! う、空気読んでる。良い人してる。分かるーって言ってる。ああ、分かるこの場の空気。ドラマで観るとさらにあの空気感が伝わってくる。

 高橋一生こと慎二が会社の中でうまく立ち回っているのもよく伝わってくる。でも、目が笑ってない。すごくニコニコして相槌をうっているのに、ただ笑顔つくっているだけ。慎二のスッと表情が変わる感じが怖いくらい上手い。

 もしかしてこのキャスト当たりかもしれない、と段々思えてくるから不思議である。前半の凪の人生が劇的に変化するきっかけとなるシーンまで、黒木華の凪も、高橋一生の慎二も違和感がなかった。むしろ、空気を読みすぎて愛想笑いを浮かべる幸薄そうな感じがかなり出ていた。惜しむらくは原作の凪より胸が控えめに見えるところだ。

 それにしても、高橋一生は裏表ありそうな感じと言葉と表情が一致してない感じがうまい。凪が過呼吸を起こすシーンの慎二の顔も、原作で先を知ってると納得の表情だし、初見の人にも最低と思わせられる絶妙な表情である。高橋一生の慎二…アリだ!

 前半でキャストをジャッジしているうちに、あっと今に凪がお暇生活をスタートさせた。かなり展開が早い。あっという間にアパートのメインキャラクターとの出会いエピソードが消化されていく。

 上の階のおばあちゃんのチョコポッキーは、原作でも美味しそうだったが、ドラマだとさらに美味しそうだ。うららちゃんもかわいい。こんな素敵な住人ばっかりで、家賃3万って最高だ。壁薄そうだしエアコンないけど。

 思ったのが、ゴンががっつりと介入してくるところ。製作側は三角関係を全面に押したいのだろう。ゴンさんと話すきっかけになる幸せの黄色いラッキーゴーヤを食べてみたい。今回は謎めいたキャラクターという印象の強かった。最後に爆弾を投下して終わったので、来週以降に活躍が見られそうだ。まだゴン感が物足りなかった。

 凪視点からだとモラハラ感満載の慎二の本音もあっという間に公開され、慎二の分かりづらい愛情表現に今後も悶えることになるだろう。泣き顔出すのは残念だったが、ほんっと器用に生きているようで不器用すぎる慎二。違った角度から慎二を見てしまっているから拒絶してしまう凪。このすれ違いの恋愛模様が大好きだ。ていねいに描いていってほしいです。

 とにかく1話目は不安ながらも、結果的に大満足だった。2話以降、ドラマオリジナル展開はどうなるのか。これからもドキドキしながら凪のお暇生活をのぞき見させていただくとしよう。
(文=三澤凛)

凪のお暇

凪のお暇

原作も最高に面白い!

『凪のお暇』垂れ目の慎二に髪型の異なるゴン…キャストに不安を覚えながらも実はベストキャストだった!のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説