第2話レビュー

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』テンポの良い展開になったものの、まだまだ魅力の足りないドラマ?

 オーナーのオーナーによるオーナーのためのお店!? 問題だらけの至極のフレンチコメディー『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第2話がオンエアされた。

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。
 ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。
 小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?
 小澤シェフの秘密が明らかに!?
 仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

 初回オンエアを見た直後は、正直期待外れでがっがりした。2話目以降の展開はどうなるのか……?

 オープンはしたものの、閑古鳥の鳴く店内。常連客が来てくれるだけまだ救いがあるが、常連客の鱸とか毎日同じレストラン(しかもそこそこ単価高い)で食事する人なんているのだろうか。

 レストランの中で、何よりも大事なのは料理。その料理を作るシェフが大問題。自信がなくなると料理の塩気が足りなくなるという特徴を持っていたのだ。

 客が来ず、使いたい食材も使えず、自慢の料理を存分にふるまう事も許されない。ストレスと、こんなことでいいのかと落ち込む要素がてんこ盛りで、シェフの料理からどんどん塩気がなくなってしまうのだった。

 そこで仮名子たちはライバル店に、スタッフ全員で敵情視察に出向いてみるも、結果としては逆効果。ますます落ち込んでいく小澤シェフ。

 この敵情視察で株を上げたのは、誰よりも客の客を想って行動した伊賀であった。ただのイケメン……! 他にも深夜営業の時間帯にランチメニューをやるというアイデアをだしてみたりはするもどれも上手くいかない。

 そんな小澤シェフに願ってもいない依頼が飛び込んでくる。なんと予算ひとり五万でシェフのお任せコースを頼みたいという予約が入ったのだ。

 しかし長く続いた不憫なシェフ生活を送ってきたせいでどうしても貧乏性が抜けないシェフ。どんな食材を使えば、どんな料理を出せば客が喜んでくれるのかが全く分からなくなっていたのだ。そこで仮名子は高級食材をふんだんに使い、余りが出ることもそんなに気にしなくていいと告げ、小澤シェフの背中を押した。しかし、シェフは「好きに作っていい」と言われれば言われるほど、自由という名の不自由に囚われていってしまう。

 ところが、来客の嫌いなものリストを眺めているうちに、過去に自分の料理のファンだと言ってくれた人物が今回の依頼人だと気づく。結果、過去の料理を再現し、さらにあの時できなかった自身の納得する料理を出せたことで、小澤シェフの自信と塩気を取り戻すことができたのだった。

 さらにこのお客様が知名度の高い人物で、店をSNSで紹介してくれたことによって客足も伸びたのだった。 

 やはり演出部分に違和感は感じつつも、2話目にして色々なテンポに慣れたのだろうか。1話ほどの不快感は感じられなかった。しかし、まだまだ続きが気になる! 話が最高に面白い! という気持ちにはまだなれていない。どんどん面白くなるドラマというのは必ずある。その可能性に期待したい。
(文=三澤凛)

『Heaven?~ご苦楽レストラン~』テンポの良い展開になったものの、まだまだ魅力の足りないドラマ?のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説