めりぴょんの「外道はつらいよ」Vol.3

「未来がないから嫌」メンズ地下アイドルに直接、色恋営業のことをどう思っているのか聞いてきました<後>

<「外道はつらいよ」とは:10年代の混沌としたオタク世界を紐解こうと頑張るめりぴょんが気になる人物に会いに行き、あれこれ話を伺う対談コーナーです>

ここまでの概要:メンズ地下アイドル「ROYAL小生」のメンバーに特典会についてどう思っているのか、収入面などを聞いてみたところ、「本心ではライブがしたくてアイドルやってる」「でもお金が無いと生きていけない」などのシビアな回答が飛び出した。後半ではさらに、「色恋営業」「繋がり」などについて深掘りして聞いていくことに――。

前回記事:メンズ地下アイドルって過剰接触のことどう思ってるの? 切り込んで聞いてみました<前>

* * *

ROYAL小生:2018.12.2デビュー、2019.7.3改名。株式会社リーディ所属。立花類、山下修、音無奏翔、の3人からなるメンズグループ。ライブ、YOUTUBE配信などで活動中。今後はそれ以外の活動も視野に入れ精進する日々が続く。

(画僧右から)
音無奏翔:メンバーカラー/黄色。髪色は青い。元バンドマン。YouTubeネームは「カナト600ml」。
山下修:メンバーカラー/赤。元美容師。YouTubeネームは「チョモランマ修」。
立花類:メンバーカラー/青。髪色は赤い。現役大学生。YouTubeネームは「DC類(ドリルち○ぽ)」。

* * *

めりぴょん:オタクとの関係性について、これはもう極論ですけど、自分に1人しかオタクがいなくて、でもその子は月に何百枚でも、1,000枚でもチェキを撮ってくれるとするじゃないですか。そうするとすごく閉鎖的な人間関係で、その子ありきの環境下でアイドルとして生活していくことになりますよね。

山下修(以下、山下) でも、それは未来がないから嫌です。一番はお金よりも売れたいんです。今バイトしてますけど、バイトせずにメン地下だけで生活できて、それで売れてメジャーに行けるならいいんですけど。多分そういう風にファンの子が1人だけだったらメジャーに繋がらないので、つらいです。

めりぴょん 過剰接触をするにしても、それで売れるならいいけど、未来がないとつらい。

山下 だからチェキを撮ってくれる人がいっぱいいればいいですね。僕はチェキに人が全然来ないですし、いても「僕だけとチェキを撮る」ってファンの子はあんまりいない。(音無)奏翔と(立花)類には十何枚とか、何十枚とか撮ってくれる子がいます。

めりぴょん その2人は、オタクと接する時に「自分との接触を主な目的として現場に足を運んできてる」って認識があるから、過剰ではなくても、そこである程度の触れ合いをするんですかね?

音無奏翔(以下、音無) そうですね。交通費、入場料、チェキ代って考えると、高いじゃないですか。音楽をメインでやりたいとは言っても、お客さん側がもう、ライブをメインとして見てないっていうのはわかってる。ステージを楽しいとは思ってくれていても、ステージと物販だと3:7くらいで(ファンは)物販に重きを置いてるんじゃないですかね。俺からしたらステージを見てほしいけど、相手のことを考えると物販での接触の方が嬉しいのかなと思うので、その中間地点というか……アイドルをやってきて見つけ出したのがそこの妥協です。

めりぴょん アイドルとオタクという価値観が違う同士の人間が関わり合うにあたっての、一種の折り合いの付け方なんですかね。

音無 そうですね。(山下)修や(立花)類はライブ中にメンバーカラーのペンライトを振ってくれる子が何人かいるんですけど、僕には1人しかいないんです。その子がいるからアイドルを続けられていると思うので、……もちろんファンは平等ではあるんですけど、その子にだけはちょっと特別な思い入れがあるというか……。それは別に、色恋とかそういうのではなくて、演者とファンとして苦楽を共にした、そういう愛情はあります。すごく前、物販のときに全然誰も俺のところに来ないっていう状況があって、その時はすごくつらかった。アイドルとして、特典会に重きを置くかって話になると、今撮ってくれる子がいるってだけですごく幸せなので、来てくれる子をなおさら大事にしようと思っています。

めりぴょん 音無さんが今仰ってる、オタクと自分の関係性は何ていうかすごい絶妙なバランスで保たれてますね。そのバランスが、「繋がる」ことによって崩れてしまったのが、例えば冒頭に話した高橋颯さんの例なのかなと考えたりしているんですけど、例えば繋がりにも2種類あって、「オタクを離したくないから繋がる」のと、「完全に金目当てで繋がる」のがありますよね。

立花類(以下、立花) もう一個じゃない? 単純にその子(オタク)のことを好きになって繋がっちゃう。

めりぴょん 表を作るとわかりやすいですよね。「金目当てである/YES or NO」「恋愛感情がある/YES or NO」とか(笑)。

立花 それはメン地下に限ったことじゃないと思います。女の子のアイドルでも同じじゃないですかね、そこにお金っていうファクターがあるので。

「未来がないから嫌」メンズ地下アイドルに直接、色恋営業のことをどう思っているのか聞いてきました<後>のページです。おたぽるは、インタビューその他連載の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説