『かぐや様は告らせたい』赤坂アカの実写化論が「名言すぎる」と話題

『かぐや様は告らせたい』赤坂アカの実写化論が「名言すぎる」と話題の画像1
映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』 公式サイトより

 原作ファンからは何かと叩かれがちな、漫画やアニメの“実写化”。「キャストがイメージと違う」「脚本が原作の改悪」といった声をよく見かけるが、漫画家・赤坂アカがそんな風潮に一石を投じて話題になっている。

 赤坂といえば、今年アニメ化された大人気漫画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(集英社)でお馴染み。同作は平野紫耀・橋本環奈主演で実写映画化が決まっており、案の定「見ずに叩くのはどうかと思うけど、実写化してほしくなかった」「主演の2人が全然ハマってない」などと批判されていた。

 そんな中で赤坂は、「漫画の実写化は、漫画の連載を100年やっても読まないだろうなっていう遠い層に向けて『かぐや様』を届けてくれる漫画家としては滅茶苦茶有り難く、かゆい所に手が届く文化です」「原作を好きで居てくださる方々には、かぐや様がより遠くの人へ届く様に、後押しする感じで応援して欲しいと願っております」とツイート。作品の“実写化”を肯定し、映画に向けてエールを送っている。

 これに作品のファンからは、「先生がそうおっしゃるなら!」「確かに“実写化”ってだけで否定ばっかりしてたら良くないよね」「躊躇してたけど、映画を見る決心がついた」といった声が。また「“実写化のメリット”が端的にまとまってると思う」「原作者にとっての“実写化”がどういうものか知れてよかった」「これは名言」などとも評価されていた。

 ファン層を拡大してくれるアニメや漫画の“実写化”。あまりにできが悪いと怒りたくなる気持ちもわかるが、グッとこらえて温かく見守ってあげよう。

『かぐや様は告らせたい』赤坂アカの実写化論が「名言すぎる」と話題のページです。おたぽるは、漫画映画アニメ作品レビューマンガ&ラノベその他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!