「平成ヤラカシ史」vol.1

Hey! Say! JUMP・中島裕翔のファン逮捕で話題になった「平成処女軍団」“ヤラカシ”の存在は“オリキ”の存在と表裏一体!?

※イメージ画像

<平成ヤラカシ史とは……ジャニオタの間ではインターネットで語ることがタブーとされている「オリキ」や「ヤラカシ」といったジャニーズの裏追っかけ文化について山野萌絵がさまざまなオタク・元オタクに取材し、これまで文章に起こされてこなかった歴史を紐解こうと頑張るシリーズです>

 こんにちは。山野萌絵/めりぴょんです。

 皆さんは「ヤラカシ」という単語を聞いたことがありますか? まあこの記事を開いている方の大半は聞いたことがあるので開いているのでしょうが、それでは元も子もないので説明すると、ジャニオタの中でもタレントへのストーカー行為を働く過激なファンのことを指し示す言葉です。文字通り「やらかしている」からヤラカシなわけですね。

 さて、先日Hey! Say! JUMPの中島裕翔さんのファンがストーカー行為をしたとして逮捕されました。そこでSNS上を「ヤラカシ」という単語が席巻、そして一定以上の年齢のジャニオタ経験者であれば一度は目にしたことがある「平成処女軍団」というワードが「あの人は今」的なノリで話題になりました。

 平成処女軍団とは、2008~2009年頃のメルマガ・ウィルコム全盛期にジャニオタの間で有名だったヤラカシの集団の名前です。Google検索すると「Hey! Say! JUMP最強のやらかし過激派集団」といったキャッチーなフレーズで紹介されています。その中でも特に中島まれというヤラカシは特に有名で、NAVERまとめには「中島裕翔の家の前でテントを張って寝泊まりしている」「いつもナイフを持ち歩いている」などの嘘なのか本当なのかよくわからない伝説が列挙されています(ちなみに彼女の名前が「中島まれ」なのは、ジャニオタは自分の担当の名字をハンドルネームに使用する傾向があるためです)。

 平成処女軍団をはじめとする00年代後半のヤラカシの特徴は、当時流行していたガルマガスイマガといったメールマガジンで自分たちのヤラカシ活動を書き記し、配信していたためにオタクの間では有名だったものの、彼女たちの書いた文章はインターネットには残っていないという点。そのために後世のオタクによってどんどん「伝説」のスケールが肥大化していったのだと思われ、具体的なディテールが見えてこないのが不思議でなりません。

 そもそも、「ヤラカシ」の実態とはどんなものなのか? 00年代から現在に至るまで、ヤラカシやジャニーズの裏文化「オリキ」はどのように発展してきたのか?

 本連載は、オタクたちへの取材でそれらの輪郭を探ろうとするものです。

 

■オリキのカーストとヤラカシの定義

 そもそも、ヤラカシがなぜ「ヤラカシ」たるかを語るには、オリキの存在から書いていかなければなりません。

「オリキ」とは、「追っかけに力を入れる(オタク)」の略。オリキは舞台などの公演終了後に、手紙を持って劇場周辺に「列」を作って並び、つまり出待ちをし、アイドル=担当が手紙を受け取りに来てくれるのをただ無言で待ちます。有楽町や帝国劇場の地下などで、一言も発さず携帯電話も触らずにただ並んでいる若い女子の怪しい集団を発見したらそれは間違いなく「列」です。「列」に並んでいる最中は、後述する偉いファン以外は喋ることも携帯電話を操作することも禁じられています。

 この「列」というシステムが公に語られることはまずありません。なぜなら「列」の存在をインターネット、SNSに書くことは禁じられています。オリキの中にもカーストがあり、「仕切り」とか「整備」とか言われるような「偉いファン」がいるのですが、その偉いファンから「SNSに列のことを書かないように」と注意事項の説明をされるのです。もし書いたことがバレた場合は「列禁」=出待ち禁止の処分をくらいます。なのでジャニオタを続けたい者はインターネットに「列」の話を書けず、情報として出回らないという仕組みです。

 といっても、別にこの「列」は非公式だからコソコソやっているというわけでもなく、ジャニーズ事務所の堂々たる関連組織であるところのジャニーズファミリークラブと協力しながら列の管理・統治を行うなんてことも。列に並ぶ「オリキ」になり、とにかく現場に通い詰め、オタク内で偉くなっていくと、最終的にジャニーズファミリークラブとともにオタクを統治する側、「ファミ」と呼ばれるオリキ内カースト最上位の存在になれるのです。現在はもう現場にいないようですが、昔有名だったファミリークラブの「つーこさん」なんかもフォーリーブスの元オリキという噂があります。ちなみに現在はつーこさんは引退し、滝沢秀明担だった「ゆみこさん」が「ファミ」として、後述しますが問題を起こしたオタクと話し合う役割なんかをしている模様です。

Hey! Say! JUMP・中島裕翔のファン逮捕で話題になった「平成処女軍団」“ヤラカシ”の存在は“オリキ”の存在と表裏一体!?のページです。おたぽるは、その他連載の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説