アニメ『ヴィンランド・サガ』ついに決闘! 憎しみを育ててきたトルフィンの剣はアシェラッドに届くのか

TVアニメ「ヴィンランド・サガ」公式サイトより

アマゾンプライムにて世界配信が決定、そして日本ではNHKでの放送!かなり力の入ったアニメ『ヴィンランド・サガ』第8話がオンエアされた。

第8話 海の果ての果て フランク族から奪った財宝を手に、冬越しのためデンマーク・ユトランド半島にあるゴルムの村へ帰港したアシェラッド兵団。 フランク族の小競り合いの時、隊長首をとった褒美として、トルフィンはアシェラッドに決闘を挑む。 数々の戦場経験を積んだトルフィンは兵団を唸らせるほどまで成長していたが、それでもアシェラッドとの差は歴然だった。

 冬を越すため、アシェラッド兵団がゴルムの村に戻ってきた。この村では戦果をあげているアシェラッド兵団の人気が高く、村の者たちはみな入団したいと羨望の目で彼らを見る。  外では恐れおののかれる存在だが、ところが変われば変わるものである。

 そしてこの地で、トルフィンは約束していたアシェラッドとの決闘を行う。立ち会い人をたて村人たちの見守る中、決闘が始まる。トルフィンはこの日のため、自分の親の仇たちと長い年月を過ごして剣の腕を磨き、憎しみを育ててきた。

 しかしアシェラッドは、のらりくらりと彼をかわしながら、なぜ自分がトルフィンに決闘を申し込まれるのか、自分が彼の親トールズを本当に自分が殺した理由などを語り出す。そしてその父のことを侮辱するようなことまでも言い出した。これにトルフィンは激怒。だが、激昂し、荒くなった彼をいとも簡単に倒してしまうのだった。

 相手の弱いところをついて動揺を誘い、その隙をつく。戦略といってはそれまでであるが、トルフィンの気持ちを想うとこの戦略は心底卑怯だと感じてしまう。

 アシェラッド、卑怯ではあるものの、物事を見抜く目や生き抜く力はやはりさすがというよりほかにない。その頭の回転があるからこの残虐な世界で生き残りのし上がることができたのだろう。

 負けたトルフィンは父の船の上に籠る。そこに、ゴルムの家に奴隷として使われている女性が夕飯を運んでくる。 彼女は元貴族の娘だが、ここに連れてこられたという身の上の女性。ゴルムからは仕事の出来ない女としてみられていた。

 トルフィンは彼女に逃げ出さないのか? と問うも、逃げ切った先に何があるかわからないと返される。どこまで逃げても世界には略奪と奴隷しかないという彼女にトルフィンは略奪も奴隷もいない、過去に聞いたことがある「ヴィンランド」という場所の話をするのだった。

 トルフィンは自分は奴隷ではないからお前とは違うと彼女に言うが、囚われているという状況は似たようなものであり、自覚もしているのだろう。ただただ、「復讐」に捕らえられ身動きが取れないでいる。

 いつか聞いたヴィンランドという理想郷にたどり着きたい気持ちは同じなのだろう。 そんなことが起こった冬の始まり。あっという間に厳しい冬は過ぎ春と共に戦争が始まる。デンマーク王がイングランドへの進行を開始した。めちゃくちゃに強い男がいるが、この男は……?

 決闘を果たすことができなかったトルフィンはまたこの年もアシェラッド兵団で次の機会を待つのだろうか……。

(文=三澤凛)

アニメ『ヴィンランド・サガ』ついに決闘! 憎しみを育ててきたトルフィンの剣はアシェラッドに届くのかのページです。おたぽるは、作品レビューマンガ&ラノベ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説