『ヴィンランド・サガ』トルフィンはいかにして人を殺せるまでになったのか? 第6話

『ヴィンランド・サガ』トルフィンはいかにして人を殺せるまでになったのか? 第6話の画像1
TVアニメ「ヴィンランド・サガ」公式サイトより

 アマゾンプライムにて世界配信が決定、そして日本ではNHKでの放送という力の入った『ヴィンランド・サガ』第6話がオンエアされた。

第6話

 旅の始まり

アシェラッド兵団の一員として、初めて戦場に立つトルフィン。

イングランド征服を目的とした戦争の悲惨な現実を目の前に逃げ出そうとするも、父の仇アシェラッドを決闘により倒すため自ら戦火へ身を投じる。

その後、目覚ましい戦闘力を身に着けていくトルフィンだったが、ある夜、イングランド兵との戦闘で傷を負い、

海辺の村で暮らすイングランド人の母娘に命を救われる。

 どのアニメとも違った雰囲気を醸し出すアニメ。毎回クライマックスのような状況が続くが今回はトルフィンの成長が見られるエピソードだった。
 
 父を殺したアシェラッド兵団に入ることはトルフィンにとって身を切られるよりも辛いことだったはずだが、約束したように決闘で勝ち父の仇を取ることだけを生きる糧に、トルフィンはどんどんと荒んだ生活に足を踏み入れていく。

 アシェラッド兵団は、イングランド制圧を目的とした戦争で猛威を振るう団体だった。降り立つ土地で惨殺と強奪を繰り返す様に、何度も逃げ出そうとする。しかし手柄を立てれば決闘が出来るという思いだけを胸に、初めて人を殺すトルフィン。最初は兵団のメンバーにもからかわれるほど弱かったが着実に強くなっていく。怯えて弱々しかった彼の目がどんどん座っていき、対する相手を臆することなく刺し殺すようになっていく。どんなに窮地に陥っても一歩も引かずに敵を仕留め、もう昔の臆病だったときの面影はなくなっていった。

 とある村で戦闘が起こり、トルフィンはその中で負傷する。目が覚めると見知らぬ家に寝かされていた。彼を保護してくれた母娘が世話を焼いてくれ、かばってくれた。久しぶりに人の優しさに触れたトルフィンは、故郷の母と姉に思いを馳せる。

 追いかけてきた敵兵からかばってくれた母娘に逃げるように促し、トルフィンは闘いに戻る。しかし彼女は戦いの場に赴き、トルフィンが人を躊躇なく殺す姿を目にし涙を流す。その涙をみたトルフィンは……。

 状況や生きる場所が変わることで、人は変わらざるを得ない。今のトルフィンの日常には殺戮が身近なものになり、またその殺戮こそが自分の生きる目的となる決闘へとつながっているのだ。しかしこの母娘の出現が、彼が忘れかけた平和な日常があった故郷を思い出させた。このことが今後どういった影響を与えるのだろうか。

 小さな子供だったトルフィンがこの話で大分成長を遂げた。まだまだ少年の年ではあるが、これからオープニングで描かれる青年になっていくまでもあっという間なのだろう。ツライ経験を重ねる彼がどのような人生をたどるのか見届けたい。
(文=三澤凛)

『ヴィンランド・サガ』トルフィンはいかにして人を殺せるまでになったのか? 第6話のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説