『あなたの番です-反撃編-』次々に判明するマンション住人の裏の顔に、事故物件に住む戦慄の男…第13話

 賛否両論の第一章から衝撃の『あなたの番です-反撃編-』。第13話がオンエアされた。

 袴田吉彦(袴田吉彦)殺害容疑で指名手配されているイクバルたちが翔太(田中圭)を襲ったことで、警察に捕まると悟ったシンイー(金澤美穂)は、不法滞在中の恋人・クオン(井阪郁巳)を逃がす。
 一方、マンションでは臨時の住民会が開かれる。出席者は、翔太、田宮(生瀬勝久)、洋子(三倉佳奈)、柿沼(中尾暢樹)、黒島(西野七瀬)、西村(和田聰宏)、尾野(奈緒)、二階堂(横浜流星)、木下(山田真歩)、江藤(小池亮介)。毎年、夏まつりにはマンション住民で出店を出すのが恒例となっていたが、住民たちの意見は分かれる。
 そこに管理人の蓬田(前原滉)が502号室に引っ越してきた南(田中哲司)を連れて現れ、住民たちに紹介する。赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)が殺された部屋にわざわざ住もうとする南を不審に思う住民たち。南は、不躾に住民たちから事件の話を聞こうとする。まるで事件を探るような南の態度に、住民たちはさらに警戒を強める――。
 二階堂は翔太と推理を進めるうち、黒島に気になる点があると言い出す。鋭いようで大いに的外れな推理を展開する二階堂に、翔太は的確な答えを出すが…。

 いやぁ、毎週ドキドキしながら見ているのだが、今週は謎が深まった部分と謎が明かされた部分、どちらもある見ごたえのある回であった。

 翔太の絶体絶命のピンチを救ったのは、CMでもガンガン流れていた横浜流星演じる二階堂の武術。横浜自体が空手チャンピオンということあっての見せ場だだ、二階堂の強さに関しては特に突っ込みはないのだろうか。とにかくこのシーンカッコよすぎだろうか。

 この騒動で視聴者に大きなインパクトを与えたのは、木下と新管理人が同じ部屋から着衣を乱して飛び出してきたことではなからろうか。お前ら!!!! いつの間にそんな中になったのよ!! しかし、このラブシーンってどの層に需要があるのか……。

 兎にも角にも翔太に暴行を働いたということで、警察に捕まったシンイーの同居人。そのことがきっかけで再度警察と話すきっかけを得た翔太は、交換殺人を隠し続けた神谷に業を煮やし、水城が同席する中で交換殺人について語り始める。これでやっと警察が本格的に動き出す!! ここに辿り着くまで長すぎだ。ひとつの事件に対して一組の刑事しか関わらないってことなんて、実際はないだろう。

 そして話題になっていた翔太の歌う主題歌「会いたいよ」。主題歌の割に、1章のようなオープニングがなくなったので、どのタイミングで流れるのかと思っていたが、やっぱり毎週あるのか、【菜奈ちゃんタイム】。翔太が菜奈との思い出をにウルウルしているときにお約束のように流れる。来週以降も菜奈の思い出語りのシーンが用意され、それがオラウータンタイムに繋がったりもするのだろうか。

 そして、二階堂に続き新たな新入居者が現れた。しかも、ふたりの人間が亡くなった502号室への入居。ハウスクリーニングでも落ちきれない血のシミの残る部屋に、いくら室料が安いからって入居するのはいかがなものか。この越してきた南という男、部屋の中には物がほとんどない。その代わりに複数台のビデオカメラが設置されていた。彼の正体も、越してきた理由も謎めいている。

 さらにシンイーの同居人が起こしていた袴田吉彦殺害事件。シンイーだと思われていた三人目の犯人が発覚する。まさかまさかの桜木るり。先週から翔太のジムに入会したり、怪しい動きを見せていた桜木が犯人の一味だったのだ。そしてタナカマサオの殺害に関与している藤井のアリバイを工作していたことも判明する。看護師が殺人に関与していたとなると、薬物で亡くなった菜奈ちゃんの殺害にも関わっていた疑いが出てくる。

 来週、お祭りの日に新たな被害者が出るという。花火を見ると、過去に菜奈と翔太の出会いのきっかけになった小説のトリック、「犯人が花火でバラバラになる」が思い出される。一体だれが犠牲になってしまうのだろうか。
(文=三澤凛)

『あなたの番です-反撃編-』次々に判明するマンション住人の裏の顔に、事故物件に住む戦慄の男…第13話のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説