BLOOD STAIN CHILD新譜発売!RYU緊急インタビュー「3カ月で50曲も作って死ぬかと思いました」

 人気声優の小岩井ことりとの音楽ユニット・DAWや、楽曲提供など活躍が著しいミュージシャンのRYU。彼が中心となるBLOOD STAIN CHILD(以下、BSC)が、新体制となって初めてのアルバムをリリースする。

 おたぽるではかつて、男の娘としての写真集の発売など彼の音楽以外のでの活動も追ってきた。しかし、今回はアルバム発売に伴い、彼の本業でもあるミュージシャンとしての一面を掘り下げるべく、インタビューを敢行した。

――まず、6thアルバムとなる『AMATERAS』ですが、この発売に至る前にドラマーとボーカリストがチェンジしましたね。まずは長く在籍していたドラマーのGAMIさんの交代について聞かせてください。

RYU:GAMIの脱退は、バンドの活動スタンスと彼の意向にズレが生じてきたからです。彼の個人的な事情を考慮して、最近ではバンドの活動範囲もある程度制限していました。しかし、今後のBSCの活動方針と照らし合わせると、いまのままで進むよりも、新たなドラマーを迎え入れたほうがいいのではないか、と。彼もバンドにとってそのほうがいいのではないか、と考えてくれていました。

――では建設的な脱退なのですね。

RYU:はい、もちろんそうです。

――ボーカルの交代はどうだったのでしょ。4thアルバムの時のSADEW氏がまさかの復帰に驚いた関係者も多かったのではないでしょうか。

RYU:SADEWの復帰の一番の要因は、『THE LEGEND』(2018年発売のベストアルバム。旧ボーカリストが多数参加していた)のレコーディングのとき、彼のボーカリストとしての実力や成長っぷりに感動したことですね。

 SAIKAはSAIKAですばらしいボーカリストだったのですが、彼が長くBSCで歌ってもらうにつれ、BSCのボーカリスト像とは少し離れてきた感じがしていたのです。

 そんな中、あるライブでSADEWがゲストで出てくれたとき、歌だけでなくパフォーマンスもすばらしいものを見せてくれたんですよ。それでバンド内で話し合い、SAIKAも納得した上でSADEWが復帰してくれたという流れになります。

――以前、SADEWさんが在籍していたときのBSCは、バンドとしてはけっこうイケイケの頃でしたよね。そもそもなんで彼はそのときに脱退してしまったのですか。

BLOOD STAIN CHILD新譜発売!RYU緊急インタビュー「3カ月で50曲も作って死ぬかと思いました」の画像3RYU

RYU:あの頃はぼくも含め、みんな若かったんです。なので、エゴとかプライドとかそういったものも強く、うまくいきませんでした。でもいまはもうだいぶ大人になったので、すごく上手くいっています(笑)

――フルアルバムとしては前作の『ε』(イプシロン)から8年も経っていますが、これは何か理由があったのですか。

RYU:実はないんですよね。もちろんメンバーが変わったり、シングルを作ったり……バンド内の様々なことが要因だったのは間違いないのですが、気づいたらそんなに経っていたというのが正直なところです。なので、ぼく自身も8年も出せていなかったのか! と驚いたくらいです(笑)

――ボーカリストやドラマーが変わって、楽曲へのアプローチは変わりましたか。

RYU:SADEWは本当にボーカリストとしてすばらしく、新曲は期待以上のもので返ってきますね。見た目もより神様?仏様みたいになって、まさにSADEW神って感じですよ。

 ドラマーのYASUはすごくモダンでテクニカルなドラマーなんです。細かいツーバスのアプローチが増えて、リフやリズムに彩が増えました。GAMIは良い意味でオールドスクールなドラマーで、トリガーも使わなかったのですが、YASUはトリガーを使うんです。そういった意味ではBSCのデジタルな雰囲気とマッチしていますね。

――毎回BSCはLUNA SEAの「TRUE BLUE」やTRFの「EZ DO DANCE」など、ユニークな曲をカバーしていますが、今回は『ドラゴンボールZ』の「CHA-LA HEAD CHA-LA」ですか。オリジナルの爽やかなメロディーなかにも、疾走感とBSCらしいパワーとデジタル感が合わさった強力なカバーソングになっていましたね。これはどういった経緯で?

RYU:毎回カバーは遊び心も兼ね備えた誰もが知っている曲をやろうと思っているのですが、候補曲をメンバー同士で挙げていく中で自然と決まった感じですね。BSCのメンバーはぼくも含めて全員『ドラゴンボール』好きなので、そういった意味でも楽曲との相性は良いと思いました。

BLOOD STAIN CHILD新譜発売!RYU緊急インタビュー「3カ月で50曲も作って死ぬかと思いました」のページです。おたぽるは、インタビューその他音楽の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説