『わたし旦那をシェアしてた』設定の面白さを活かせず、結局最後までご都合主義で大団円…

『わたし旦那をシェアしてた』設定の面白さを活かせず、結局最後までご都合主義で大団円…の画像1『わたし旦那をシェアしてた』公式HPより

 パワフルファイティングミステリードラマ『わたし旦那をシェアしてた』の最終話がオンエアされた。

 とうとうこのご都合主義ドラマが最終回を迎える。本当に設定はおもしろいし、始まる前は期待値の高いドラマだっただけにとても残念な気持ちだ。

 ミステリー仕立てなだけでミステリー部分はほぼご都合主義。筋書もそうだし台詞でどうにかしようとする部分が多く白けてしまう箇所が何度もあった。 

 今回は最終回ということで、天谷恭平の謎が全て回収され、恭平の最後の嘘・選んだ女性・それぞれの行く末と描くことがたくさんあるためにいつも以上に駆け足感の強い展開だった。

 警察に逮捕されることになってしまった茜は、最後に選ばれたのは晴美だと告げる。逮捕されるというところになって誰よりも子供のことを心配してくれたのが晴美だったからだということで、明確な恭平の言葉ではなく茜の主観で正妻が決定。

 しかし、もちろん残る妻の加奈子は納得がいかず食い下がる。それを快く思わない文江は晴美に最後の課題として「この女を納得させろ」と言い出す。

 課題って結局このおばあちゃんの思い付きばかりであって、なんらミステリ要素がある仕組まれたものではなかったんですよね。

 このドラマの面白そうだなと思った部分のひとつがこの課題で、「恭平の死を解き明かす」ということだったと思うのだけれども、ふたを開けてみるとこの課題を出していた文江も何も知らなくて、妻たちを手足として使いたいから上から目線で指示出してただけだった。そしてその結果に満足いかないとキーキーと騒ぐだけという……。

 尺もないので、加奈子が納得するまでもとても早い。あんなに泣いて「納得できない!!」と騒いでいたのに、あっさりと受け入れ「あなたを支えるわ」と心強い台詞を晴美に投げかける加奈子。ふたりの総意としてお金の使い道も決まり、妻同士のわだかまりは一瞬にしてなくなり、残すは納得がいかない文江を残すのみ。

 しかし、番組の残り時間があと少しとなるとコロリと態度を変え「あなたが選んだ妻たちだもの」と妻たちを誉める方向に展開して大団円を迎えました。

 文江、そして妻たちの区切りをつける場として行われた恭平のお葬式も、いったい何か月保存してたんだよ……と思うくらいに時間が経っているのに遺骨ではなくご本人の恭平。そして絶対クリスチャンじゃなかったはずなのに教会での式、という見栄えを狙った演出……。

 ラストのスピーチは正妻に選ばれた晴美からの恭平への感謝の言葉。そして「みんなでなんでもシェアしましょう!」という謎の発言で幕を閉じた。

 その後もシェアハウスでの生活は続き、皆で助け合い生きていくことを選択した3人。本当にそれでいいのか……という気持ちでいっぱいのまま、結局天谷恭平が女の敵であったことだけは間違いがな。起きた事件は本当にただの余談でしかなかった。

 というか恭平そんなにしゃべれてたなら自分で救急車呼べよ……。

 色々と消化不良要素が多きく、モヤモヤし続ける全10話だった。このドラマの枠はチャレンジ枠なんでしょうね。しかし、週のラスト、あと1日を頑張る大人たちに見せるドラマなのであればもう少し大人が見ても納得のできるクオリティのドラマを期待したい。

 次回のこの枠で放送されるドラマも役者は豪華で面白そうだが、同じ道を歩むことがないことを祈るばかりである。
(文=三澤凛)

『わたし旦那をシェアしてた』設定の面白さを活かせず、結局最後までご都合主義で大団円…のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説