読売ジャイアンツの40歳・阿部慎之助、化け物すぎると話題

読売ジャイアンツの40歳・阿部慎之助、化け物すぎると話題の画像1
「読売巨人軍」公式サイトより

 8月21日に行われた読売ジャイアンツと中日ドラゴンズの試合でも、見事5号ソロを放った巨人の阿部慎之助。今シーズン絶好調の40歳が、野球ファンの間で「鉄人すぎるでしょ……」と注目を集めている。

 阿部は2000年にドラフト1位でプロ野球界入りした、右投左打の捕手。身長180cm、体重97kgとかなり大柄で、打撃面でも大きな活躍を見せてきた。そんな彼は今年に入って、プロ野球通算400本塁打を達成。これはプロ野球史上19人目の快挙で、「40歳で400本塁打! 最高に格好いいな」「豪快なフルスイングで感動した」「阿部ちゃんさすがすぎる!」と祝福の言葉が相次いでいる。

 しかし今年度の成績を見てみると、驚異的なのは本塁打の数だけではない。8月27日の時点で141打席23打点をあげており、打率は.305と3割。出塁率も.411と高い数字をマークしていた。

 そんな阿部にネット上では、「引退が近いと思ってたけど、まだまだこんなに打てるのか。これは引退できないな」「控えめに言って化け物」「野球選手としては理想の晩年では?」「とても40歳のおじさんには思えない」と驚きの声が。ちなみに彼は「スポーツ報知」のインタビューに、「来年も現役を続けたいね。最近、やりたい、と思えるようになった」と答えている。

 8月27日現在で首位を守っている巨人。ひょっとしたら阿部の力が、チームに“最高の結果”を呼び込むかもしれない。

読売ジャイアンツの40歳・阿部慎之助、化け物すぎると話題のページです。おたぽるは、スポーツその他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説