巨人・岡本はポケモンオタク? 中日戦が「冷凍ビーム作戦」で冷え冷えだったと話題

巨人・岡本はポケモンオタク? 中日戦が「冷凍ビーム作戦」で冷え冷えだったと話題の画像1
読売巨人軍 公式サイトより

 読売ジャイアンツが、8月20日に公式Twitterを更新。岡本和真が中心となった円陣の掛け声を紹介し、話題になっている。

 更新されたツイートには、対中日ドラゴンズ戦の前に撮影された動画が添付。円陣の中心になった岡本は、「竜は氷に弱いので、ウチの作戦は『冷凍ビーム作戦』でいきます。さぁ行こう!」と声を上げてチームに気合いを入れていた。おそらくは中日ドラゴンズの“ドラゴン”をポケモンのタイプになぞらえて、弱点である「こおりタイプ」の技で戦おうという意図だったのだろう。

 高度なポケモンギャグをかました岡本だったが、奇しくも同日の試合は冷え冷えのゲーム内容に。両チームとも初回以降得点がなく、塁に出てもゴロやフライで終わる展開が続いた。坂本勇人と丸佳浩がもぎ取った2点を守りきって巨人が逃げ勝ったものの、試合を見たファンからは「味方にまで冷凍ビーム撃ってんじゃねえぞ」「予言通り冷え冷え打線で勝ったの草」「冷えたゲーム展開は巨人の作戦だった……?」「巨人打線と中日の得点力が無事冷温停止した模様」と皮肉の声が。

 岡本といえば、過去には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(TOKYO MXほか)を見て「声を出しながら泣きました」「人生で1番泣きましたね」とコメントしたことも有名。日常会話でもついついオタク用語が出てきてしまうタイプなのかもしれないが、今回は“ふぶき”が効きすぎてしまったようだ。

巨人・岡本はポケモンオタク? 中日戦が「冷凍ビーム作戦」で冷え冷えだったと話題のページです。おたぽるは、スポーツその他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説