ハリウッド実写版『AKIRA』の製作が無期限休止に やはり『AKIRA』の実写化は困難なのか?

ハリウッド実写版『AKIRA』の製作が無期限休止に やはり『AKIRA』の実写化は困難なのか?の画像1
バンダイビジュアル『AKIRA』公式サイトより

 2021年5月21日の公開を予定していたハリウッド実写版『AKIRA』の製作が無期限休止になったと発表された。

 今年5月、大友克洋の人気漫画『AKIRA』がハリウッドで実写映画化されることが発表された。監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティになると発表されたが、つい先日『マイティ・ソー』シリーズ第4弾の監督をワイティティが務めることが明らかに。

「The Hollywood Reporter」によれば、実写版『AKIRA』の脚本に問題が生じたことで撮影開始が遅れ、『マイティ・ソー』第4弾の製作期間とブッキングしてしまったため、『AKIRA』の製作が無期限休止になってしまったという。

 発表から2カ月も経たないうちに製作が休止になった実写版『AKIRA』だが、日本では「そうなると思っていたよ」という声、また「むしろ朗報」「もうこのまま中止でもいいような気がしている」と安堵する声もは少なくない。

 というのも、そもそも『AKIRA』のハリウッド実写化が発表されたのは2008年のこと。しかし、製作難航を理由に幾度も監督の降板が発表され、公開が延期され続けた。当初の発表から10年以上経った今も実現できていないこと、さらに『DRAGONBALL EVOLUTION』『ゴースト・イン・ザ・シェル』など日本の作品を原作にしたハリウッド実写作品は“駄作”と言われる作品が多いため、「誰がやっても無理でしょ」「永遠に実現しなさそう」と絶望視する声もある。

 タイカ・ワイティティ監督は『マイティ・ソー』が終わり次第、『AKIRA』に復帰することを望んでいるそうだが、果たして、『AKIRA』がハリウッドで実写化される日はいつやってくるのだろうか。

ハリウッド実写版『AKIRA』の製作が無期限休止に やはり『AKIRA』の実写化は困難なのか?のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説