柿崎芽実(日向坂46)、卒業発表に衝撃走る! 「稲川淳二との共演は!?」と嘆く声も

日向坂46公式サイトより
 6月21日、人気アイドルグループ・日向坂46の“めみたん”こと柿崎芽実が、3月に発売されたデビューシングル「キュン」(Sony Records)のPR活動期間をもって卒業することを発表。「ちょっと待って、エイプリルフールはとっくに過ぎたよ?」「めみたんがいなくなったら、何を楽しみに生きていけばいいの?」などとファンに衝撃が走った。

 長濱ねるをオリジナルメンバーとする、けやき坂46の1期生として2016年に加入した柿崎。グループにとって初の楽曲「ひらがなけやき」で長濱とWセンターを務めるなど、同期の中では最年少ながら人気メンバーとして活躍し続けてきた。

「その長濱が17年9月に欅坂46の活動に専念するため脱退したことを除くと、グループにとって初の卒業ということでファンに与えたショックは大きかったようです。柿崎は今年2月、仮想ライブ空間『SHOWROOM』での生配信中、日向坂46へのグループ改名がサプライズ発表された際、他のメンバーが歓喜する中、ただひとり神妙な面持ちだったことが話題になりました。さらにそれ以降、イベントへの欠席が続いていたため、ファンの間では心配の声が広まっていたのですが、『まさか卒業するとは』『せっかくこれからだと思っていたのに』などと、衝撃はしばらく収まりそうにないようです」(芸能関係者)

 また、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)などでは、ぶりっ子キャラを発揮して番組を盛り上げてきただけに、「バラエティー面でも大きな戦力を失うことになる」と嘆く声も飛び交っている。

「以前はメンバーからぶりっ子扱いされることに悩んでいたという柿崎ですが、前身番組『ひらがな推し』のお悩み相談コーナーで、むしろキャラとしてプッシュしていくことを勧められてからは、2期生・宮田愛萌とのぶりっ子対決が番組では鉄板ネタになりました。先月16日に放送された回では、怪談話をする渡邉美穂の隣であざといリアクション芸を披露。スタジオ内に笑いを起こし、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭から『稲川淳二さんの横でやってほしい』と、怪談トークのスペシャリストとのコラボを期待されていただけに、『夢の共演はなし?』と落胆の声も広まっているようです」(同)

 具体的な卒業日はまだ明かされていないが、[掲載日が離れる場合は、念のため掲載前にご確認ください]残りあと僅かの活動期間中、ぶりっ子キャラを武器にグループのモットーである“ハッピーオーラ”を放出しつつ、奇跡のコラボを期待したい。

関連記事

柿崎芽実(日向坂46)、卒業発表に衝撃走る! 「稲川淳二との共演は!?」と嘆く声ものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!