乃木坂46のムードメーカー・斉藤優里の卒業発表に落胆の声 “スイカ壊滅”を嘆くファンも

乃木坂46・斉藤優里公式ブログより
 3月25日、乃木坂46の“ゆったん”こと斉藤優里が、月曜パーソナリティーを務めるラジオ番組『Nutty Radio Show THE魂』(FM NACK5)で、グループからの卒業を発表。「遂にこの日が来てしまったか!」「嫌だ!」などと、ショックを受けるファンが続出した。

 同番組の放送後に斉藤はブログを更新。最終活動日は調整中だが、今月17日発売予定の4thアルバム『今が思い出になるまで』(N46Div.)のPR活動をもって握手会への参加が終了となることを発表した。

「乃木坂46・1期生としてデビューした斎藤は、愛嬌たっぷりのキャラクターでグループ全体を明るく照らし、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でも常に盛り上げ役に徹するなど、グループになくてはならない存在として活躍してきました。昨年頃から同期の卒業ラッシュが続き、プライベートでも親交が深い西野七瀬が去ってしまったため、『ゆったんもそろそろでは?』と危惧されていましたが、『まさかこんなに早く発表されるとは』『楽屋が数ワット分、暗くなってしまうのでは?』などと、ファンの間では落胆の声が広まっているようです」(芸能関係者)

 ブログの最後に斉藤は、西野と伊藤かりん、伊藤純奈、元メンバーの川後陽菜の5人で撮影した写真をアップしたが、伊藤かりんも3月22日に卒業を発表したため、“スイカ壊滅”もファンを悲しませることになってしまった。

「 “スイカ”とは、プライベートで仲が良い5人の通称なのですが、昨年3月にネット配信されたバラエティ番組『NOGIZAKA46 6th Anniversary 乃木坂46時間TV』では、他のメンバーによる非公式ユニットとの対抗企画や、伊豆旅行の様子が流れたことでファンには馴染み深く、公式ユニット化を期待する声もありました。それだけに『まさか1年で残り1玉になるとは』と嘆く声が広まっていいます。ただ、各メンバーが以前、完全プライベート旅行時の画像をブログに投稿したことがあるため、今後はSNS上での活動報告を期待するファンもいるようです」(同)

 斎藤はブログに「私が後輩に見せられるものは全て出し切ったかな」と綴ったが、常に笑顔を絶やさない姿勢はアイドルの鑑であり、後輩たちに多大な影響を与えたことだろう。卒業後の予定はまだ明かされていないが、陽気なキャラを活かしたタレント活動を期待したいところだ。

乃木坂46のムードメーカー・斉藤優里の卒業発表に落胆の声 “スイカ壊滅”を嘆くファンものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
素人のWEB小説が原作とかじゃないよね…?
今はじめれば1日1回10連ガチャ無料!