兒玉遥、HKT48卒業&女優業への転身に悲喜こもごも 滑舌の不安を乗り越え活躍なるか

兒玉遥公式サイトより

4日、人気アイドルグループ・HKT48の“はるっぴ”こと兒玉遥が、グループからの卒業および今後は女優業を中心に活動していく意向を発表。これに対してネット上では、「HKTはどうなっちゃうの!?」「元気そうで安心した」など、悲喜こもごものファンによるコメントが飛び交うこととなった。

「HKT48ファンからすれば、宮脇咲良と矢吹奈子が日韓合同ユニット・IZ*ONE(2021年4月までの期間限定)の活動に専念することになり、今年4月には“さっしー”こと指原莉乃が卒業と、エース級の脱退・休止が続いているだけに、今後のHKT48としてのグループ活動を心配する声が広がっているようです。一方、兒玉は17年末から体調不良による活動休止が続き、彼女の健康面を懸念する声も広まっていただけに、『アイドルとして活躍する姿が見られないのは残念だけど、元気そうで安心した』『はるっぴが復帰してくれただけで幸せ』などと、兒玉ファンの中にはグループ卒業を喜ぶ層もいるようです」(芸能関係者)

 ただ、兒玉は以前から滑舌が悪いことで知られ、女優業をメインにしての活動については不安の声も少なくない様子だ。

「本人いわく『舌が運動音痴』とのことで、特にサ行が苦手なために指原を『しゃっしー(さっしー)』と呼んだり、AKB48グループ内で同志による“滑舌選抜”を結成するなど、喋りは得意ではないことで知られる兒玉。アイドルとしてはそれが愛嬌にもなりましたが、女優業においては確実にマイナス要因です。しかし、9月公演開始となる舞台『私に会いに来て』への出演がすでに決定しているとのことで、『はるっぴ、大丈夫なのか?』『どうか、セリフにサ行が1つもありませんように!』などと、ファンは気が気ではないようです」(同)

 卒業を機に移籍することになったエイベックス・グループ傘下の事務所には、AKB48グループの先輩にあたる川栄李奈や、元欅坂46の今泉佑唯らが所属。いずれも女優業に転身後、着実にステップアップを果たしているだけに、環境は抜群だろう。兒玉も実績を積み、「いつか朝ドラに出たい」という夢を叶えることができるか注目集まる。

兒玉遥、HKT48卒業&女優業への転身に悲喜こもごも 滑舌の不安を乗り越え活躍なるかのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

京アニ…心配です。
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!