『偽装不倫』本物不倫カップルに修羅場が到来!! 「別に怒っているわけじゃない」の言葉が怖すぎる!!

『偽装不倫』公式HPより

 東村アキコ原作の注目ドラマ『偽装不倫』 第7話がオンエアされた。

丈(宮沢氷魚)から「大好きだ」と言われて指輪をもらった鐘子(杏)は、丈が人妻だと思っている自分に指輪をくれた真意がわからずに悩んでしまう……。一方、風太(瀬戸利樹)の試合を観に行き、賢治(谷原章介)との旅行をドタキャンした葉子(仲間由紀恵)は、鐘子を巻き込んで、なんとか賢治との修羅場を回避する。翌日、鐘子は賢治に呼び出されるが、そこに風太が偶然通りかかり、新たな修羅場のピンチに陥ってしまう……!

 さぁ、今週も偽装不倫カップルよりも、本不倫カップルの方が気になるドラマがはじまった!! 前回は、谷原章介演じる賢治のLINEの笑顔の絵文字が怖すぎるところで終わった。今回は葉子がどんな風にこの窮地を切り抜けるのかが注目ポイントだ。

 賢治は旅行には行かず、家に帰っているとのこと。とっさに鐘子と一緒にいると嘘のメッセージを送っていたために「じゃあ一緒に帰っておいでよ」と要求をされた葉子は必死に鐘子を誘う。だが何度も利用されているうちに鐘子が心苦しくなってくるのは当然。見ているこっちとしても苦しい手段だと言わざるを得ない。

 何とか鐘子と帰宅することが出来たが、待ち受けていた賢治はまったく目が笑っていない。

「別に怒っているわけじゃないからきちんと話てほしい」

 どこまでも人格者のように言葉をかける賢治に対し、葉子は全ての罪を鐘子に擦り付けるような話を始める。どうやら葉子によると、鐘子は精神を病んでいて超ヤバイ状態になっているとのことだ。さすがにそれは賢治には通じないのでは? と思ったものの、丈のことを見られていたことも功を奏し、「恋の悩み、それも不倫だからそんなに悩んでるのでは!?」と心配をしてくれるほどに……。

 しかし「不倫はいけない」と厳しくたしなめつつ、葉子にも探りを入れることも忘れない。賢治は、どこまでが本心なんだ? 葉子のことは疑っているけど、鐘子のことは心配している……。悩んでいる(という設定の)鐘子を囲み、その日は高い酒を飲みかわすという不思議な終わりを迎えたものの、こんな稚拙な嘘でごまかすことは難しいだろう。

 案の定、賢治の疑いは解けておらす葉子のいない場所で鐘子への接触があった。形式としては鐘子を心配して気遣っているようだが、実情は葉子について知っていることを教えてほしいという願いだった。

 このドラマの見どころは、杏演じる鐘子の顔芸もあると思う。嘘がつけずに思っていることが全部顔に出てしまう素直さが出ていてとても可愛らしい。だが、姉の結婚生活がかかっている嘘をつき続ける必要がある場面ではとても不利である。そして賢治ならば、その表情からが秘密を読み取れないわけがない。

 なんとか知らぬ存ぜぬで切り抜けたものの、そこになぜか風太まで現れてしまうから恐ろしい。まったくの偶然だが、この偶然のせいで恐ろしい方向に向かっていきそうだ。

 なんとか風太と賢治のバッティングは避けられたものの、鐘子を呼ぶ風太の声は聴かれてしまったようだ……。これだけで気付く……のか!? 不適な賢治の笑顔が一体なにを示しているのかだろうか。

 ここまで夫の賢治に愛されていながら、なぜ葉子は風太との不倫に走るのか? その理由はなんと完璧な夫、賢治にあった。

 賢治と葉子の結婚は、お互いの利害が一致したという理由が一番大きく、恋人期間は短かったそうだ。結婚後は葉子はしばらくふたりだけの時間を設けることを望んでいたが、賢治ではそうではなく結婚した年内のは子供を授かることを目標としていた。

 その理由は「自分に似た子供が欲しい」というものだった。「息子と一緒にハワイでサーフィン」の夢を実現するならお互いの年齢を考えると今すぐ産むのが望ましく、もし男の子が生まれなかった場合『次もがんばって作るから』などとあのにこやかな笑顔でいうのだ。

 これは夫からのマタハラではないだろうか? 実際葉子は、その自分に向けられた「子作りのためだけにお前と結婚した」とも捉えられかねない発言に幻滅。子作りの機会を避けてきたのだという。

 理想の家庭を作りたいという気持ちはお互いに一致していたはずだ。なのにその伝え方や受け取り方がまずかったのかもしれない。賢治の言葉は、女性にとっては酷なものだった。いかに外で愛妻家の旦那として完璧でも、当の妻に愛のない言葉を一度でも投げかけてしまってはその信用が戻るのは難しいのではないだろうか。

 偽装不倫カップルの方はどちらもまだすれ違っていますね……。でももうこのすれ違い方は時間をとって話せば解決する問題だからあんまり心配していない。来週の丈の出方次第だろう。

 来週は葉子が既婚者だということが風太にばれそうだ。本不倫カップル、存続やいかに!?

(文=三澤凛)

『偽装不倫』本物不倫カップルに修羅場が到来!! 「別に怒っているわけじゃない」の言葉が怖すぎる!!のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説