宮迫博之が『FRIDAY』への法的措置を検討か ひろゆき氏は「裁判をやらないほうがおかしい」とバッサリ

宮迫博之が『FRIDAY』への法的措置を検討か ひろゆき氏は「裁判をやらないほうがおかしい」とバッサリの画像1
宮迫博之

 闇営業問題、そして吉本興業のお家騒動の渦中にある雨上がり決死隊・宮迫博之が、一部メディアに対し法的措置をとる検討をしていると、「日刊スポーツ」が報じた。

 そもそも、これらの問題・騒動は写真週刊誌「FRIDAY」(講談社)が「宮迫博之 犯罪集団に闇営業」と報じたことに端を発する。「FRIDAY」は闇営業問題に対する“追撃”を続けているが、宮迫は20日にロンドンブーツ1号2号の田村亮と行った会見では「現段階で法的手段をとるかどうかは考えてない」としていた。

 宮迫をめぐっては金塊強盗事件の主犯格とされる男らとのギャラ飲み疑惑を「FRIDAY」に報じられているが、同誌は追撃として、26日発売号に主犯格とされる男のインタビューを掲載。宮迫と一緒に酒を飲んだこと、そして宮迫が同席者から現金を受け取っていたという証言が報じられた。

 この報道を受けて、吉本興業は「宮迫博之氏に関する報道についてご報告」と題する文書を公式サイトに掲載。万が一、「FRIDAY」の報道が事実であれば、宮迫のマネジメント契約解消の撤回について、再度検討せざるを得ないとした。

 この文書の影響か、宮迫もようやく法的措置をとる検討を始めた。宮迫は「日刊スポーツ」に対して「最近、まるっきりないことを、『創作』のように報じているメディアもありました。僕には家族もいます。すでに弁護士さんと相談しています」と話している。

 宮迫が『FRIDAY』に対し法的措置をとるかどうか注目が集まる中、28日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演した2ちゃんねる創始者・ひろゆき(西村博之)氏の発言も話題だ。ひろゆき氏は法的措置を講じない姿勢だった宮迫について、「裁判をやらないほうがおかしい」と苦言を呈していた。

「真実を知りたかったら、『FRIDAY』を訴えれば、裁判の中で『FRIDAY』が『こういう証拠がありますよ』って出さなきゃいけないので。訴えればすぐ解決する話なんですよ。なのに宮迫さんは『訴えない』って言ってるんですよね。真実が知りたいときに、『俺、真実知りたくないんだよね』って言ってる人ってだいたい嘘つきなんですよ」

「真実をはっきりさせるしかないと思うんですよね。裁判やるのって200万円もかからないので、お金の問題でもないと思う。やりたいか、やりたくないかだけの話。仮にこれで『FRIDAY』が嘘を書いてましたってなったら、嘘の記事によって契約解消になりましたとか、仕事もすべてなくなりましたって莫大な損害賠償じゃないですか。なのに、裁判をやらないほうがおかしい」

 自身の身の潔白を証明したいのなら、それこそ訴えを起こすべきという主張をしたひろゆき氏には、「正論だと思う」「ひろゆきが言ってるように本当なら裁判やれば良いんだよ」「ひろゆきの言う通り」と賛同する声が集まっている。

 奇しくも、ひろゆき氏の発言後に法的措置をとる構えを見せ始めた宮迫。真実が明るみに出ることはあるのだろうか。

宮迫博之が『FRIDAY』への法的措置を検討か ひろゆき氏は「裁判をやらないほうがおかしい」とバッサリのページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説