吉本興業騒動の余波がついに! 他事務所も敬遠するお家騒動に終わりはあるのか?

※イメージ画像:「吉本興業の正体」

 吉本興業に所属する芸人たちの闇営業問題が発端となっている一連の騒動。

 22日には吉本興業・岡本昭彦社長が会見を行い、これで事態が収束に向かうかと思われた。だが、岡本社長は「後で聞いてきます」「ちょっと考えます」と歯切れの悪い回答を連発。さらに雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮との面談の際に放った「テープを回してないだろうな」という言葉について、「冗談だった」とシャレにならないコメントまで飛び出した。

 この会見を見ていたのだろう。とろサーモンの久保田かずのぶは「悲しいわ。知り合いの芸人、先輩後輩同期、皆同じ事を思ってる」、天竺鼠の川原克己は「何かわからないものが、ずっとすごい弱火ですごい焦げている」、またダイノジの大谷ノブ彦も「これはなんだ なんなんだ?」、さらにキートンも「テープ回しての件…冗談!もう絶賛するしかない!」などと自身のTwitterでツイートしている。

 収めるどころか混乱や騒動を拡大させただけのようにも思える岡本社長の会見。そして、この余波が他の芸能事務所に所属する芸能人たちにも及び始めたという。

「吉本興業の騒動を記者たちに質問されるのを嫌がり、企業のPRイベントに登場する一部の芸能人たちが、囲み取材でそのことを聞くのをNGにする動きを見せているみたいです。

 今、世間の人々が強い興味を示し、かつその芸能人にも関係するであろう事件は吉本興業の騒動。記者としてはやはり記事の引きを強くするためにも、この騒動についてコメントをもらおうと質問するのは当然です。

 しかし、このタイミングで軽はずみに騒動に言及すると、なにかしらのトラブルの引き金になりかねません。大物たちならばともかく、下手に手を出すと様々な方向から火の粉が飛んできますからね。『雉も鳴かずば撃たれまい』と考えているのでしょう」(芸能記者)

 この騒動が収束するのはいつになるのだろうか?

吉本興業騒動の余波がついに! 他事務所も敬遠するお家騒動に終わりはあるのか?のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説