サービス終了してもまだまだ捗る!『ハッカドール』メモリアル版リリースに歓喜の声

『君にシンクロするニュースアプリ「ハッカドール」』公式サイトより

 8月15日にサービス終了が決まった『君にシンクロするニュースアプリ「ハッカドール」』(以下、『ハッカドール』)。ファンからは悲しみの声が相次ぐ中、“メモリアル版”のリリースが発表され全国の“マスターさん”たちが大喜びしている。

『ハッカドール』がサービスを開始させたのは2014年の8月。同アプリは“君にシンクロするニュースアプリ”というキャッチコピーの通り、ユーザーの好き・嫌いを学習してピッタリの情報を提供してきた。中でも人気を集める理由となったのが、ハッカドール1号、2号、3号といったマスコットキャラクターたちの存在。2015年に放送されたアニメ版では、彼女たちが人々のお悩みを解決していくストーリーが描かれている。

 そんな同アプリが約5年の歴史に幕を下ろすのだが、サービス終了日に“アップデート”という形で『ハッカドール THE めもりある』がリリース。以前からお馴染みの「あら~む機能」や、これまでの思い出を見返せる「アルバム機能」を利用できるという。「アルバム機能」にはこれまで配信されてきたイラストや漫画など多数のコンテンツを収録。メモリアル版をリリースする経緯について、運営チームは「8月15日でニュースアプリハッカドールは終わってしまうけれども、ハッカドールアプリの5周年でもあります。なんとかアプリの最後に残ることをやりたい!」と公式ブログで明かしている。

 運営の粋な計らいに、SNSなどでは「文句なしに神対応!」「ハッカドールは永久に不滅です!」「運営さんありがとう! 捗る」「サービスが終わってもまだまだ俺たちを捗らせてくれるのか」「一生スマホから消さない!」といった声が。これからも“思い出”は残るとあって、救われる人も多いようだ。

 また、ハッカドール1号、2号、3号は今話題の“VTuber”として活動していたのだが、“オンラインクレーンゲーム”とのコラボで奇跡の復活。こちらも注目を集めており、「また3人の声を聴けるなんて……」「このまま末永く働き続けてほしい!」「正直なところちょっと泣いた」「止まるんじゃねぇぞ……」などと盛り上がっている。

 その他8月25日には、原宿クエストホールにてスペシャルイベント『ハッカドール THE めもりあるぱ~てぃ!!!』も開催。ニュース配信機能はなくなってしまうものの、コンテンツとしての『ハッカドール』はまだまだ続いていくのかもしれない。

サービス終了してもまだまだ捗る!『ハッカドール』メモリアル版リリースに歓喜の声のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説