『フルーツバスケット』紅葉に由希に透……キャラのかわいさが渋滞した第6話レビュー

 『フルーツバスケット』第6話は、前の方の話で入れ替えた部分を交えて全部フラットになったような2巻前半のお話。

<第6話>お邪魔させてもらおうかしら
 文化祭、当日。先輩達に頼まれて、由希は女装するはめに。草摩一族の草摩紅葉、草摩はとりもそんな由希の姿を一目見ようと訪れて、透のクラスは大賑わい。そんな中、花島と魚谷だけは妙に親しい透と由希の関係を怪しんでいた。2人から隠し事でもあるのかと言われた透は、草摩家で厄介になっていると漏らしてしまい……。

 文化祭描写はあっさりだったが、紅葉とはとりが正式に登場した。長めのセリフで聞くと、紅葉くんの声が強く女の子っぽく聞こえる。かわいいのだけれど、成長したときどうするのか心配になる。にしてもやっぱりかわいい。筆者は紅葉くんが一番好きなキャラなので、これからの彼の活躍が楽しみだ。

 はとりは今のところ怪しくて怖いイメージだ。しかしはとりにも色んなエピソードがある。それを思うともどかしい。

 草摩のふたりが現れたが、そこはあっさりと終わった。それよりも由希くんの女装と、由希くんが透くんにオスを出していく姿が……!

 物語の序盤は、少女漫画の相手役として由希くんにドキっとさせられる描写が多い。文化祭の間中、女装せねばならないってちょっとした罰ゲームだ。お疲れ様、由希くん。身を挺してきゅるんとした姿は最高だ。

 原作の流れとは少し変わるが、文化祭からの流れではなちゃんと魚ちゃんが草摩家に遊びにくることに。このふたりの透くんへの愛。透くんからこのふたりへの信頼。どちらも素敵だ。「魚ちゃんと花ちゃんというお友達がふたりもいてくれる」と言うことがすてき。友達がいる。数じゃなくて、このふたりが友達だっていうことが幸せっていうのが伝わってくる。

 そして帽子のエピソード。後半で判明する帽子の彼。アニメだとシルエットがそのままだった。この話が明かされるのはいつになるのか……。花ちゃんがいっていた「そして恋へ…」っという展開に期待だ。

 来週は透くんが草摩本家へ。透くんはどうやって草摩家にいくんだろう。本家にいって慊人に会う。その先に何が起こるのか……。
(文=三澤凛)

『フルーツバスケット』紅葉に由希に透……キャラのかわいさが渋滞した第6話レビューのページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。