高橋李依が体を張って犬になりきってしまう 事務所NGレベルの“ヤバさ”で格の違いを見せつける!!

『魔法つかいプリキュア!』キュアミラクル役や『Fate/Grand Order』のマシュ・キリエライト役などで知られる声優の高橋李依が「身体を張りすぎている」と話題だ。

 高橋は、24日にTVアニメ『魔法少女特殊戦あすか』の打ち上げに参加。同作は今年1月から3月まで「アニメイズム」枠で放送されていたアニメで、打ち上げには大鳥居あすか役の洲崎綾、与那嶺ちさと役の竹達彩奈といった女性声優も参加。

 打ち上げ会場には、アニメのキービジュアルがプリントされた豪華ケーキが用意されていたほか、ファンの間で「酷すぎる」と話題になった“顔出しパネル”も展示されていた。この顔出しパネルは、1月に開催された『魔法少女特殊戦あすか』ミュージアムで展示されていたもので、夢源くるみの“犬”と化したナーズィニー気分を味わえるという代物。

 夢源くるみ役の関根明良やミア・サイラス役の松井恵理子、そして洲崎や竹達までもパネルから顔を出して犬気分を満喫していたのだが、その中で高橋は格の違いを見せる。


 事務所NGレベルの変顔に洲崎も「顔はめパネルの李依ちゃんヤバすぎる」と驚きを見せていたのだが、当の本人は「全然使って大丈夫ですよー」とケロリとしていた模様。ネットでは「りえりー最高かよ!」「これはプロの仕事」「格が違う」と高橋を褒め称える声が上がっている。

高橋李依が体を張って犬になりきってしまう 事務所NGレベルの“ヤバさ”で格の違いを見せつける!!のページです。おたぽるは、声優アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。