西野七瀬、乃木坂46卒業後“笑わなくなった”発言に「帰ってこい」の声 若月佑美の“無理やり加工”に爆笑も

 女優でモデルの“なーちゃん”こと西野七瀬が、2日に放送されたトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)にゲスト出演。乃木坂46から卒業して約半年が経った現在の心境を尋ねられ、「あんま笑わなくなった」と発言。「いつでも帰ってこい!」「なーちゃんの復帰を待ち続ける」などと、ファンをザワつかせた。

「アイドル時代を振り返り、『たくさん笑顔を届けていた』と語り、現在は『笑顔の回数がグッと減って』と明かした西野。MC役のくりぃむしちゅー・上田晋也からは、『作り笑いしなくてよくなった?』『むしろ明るくなった気がする』などと指摘されましたが、ファンからは、『ステージ上でのキラキラした笑顔が見られないのはつらい』と、改めて卒業を惜しむ声が寄せられたようです。また、1期生同士の絆が強いだけに、メンバーとワチャワチャする姿を見る機会が激減したことも、ファンを寂しがらせている要因となっているようです」(芸能関係者)

 この前日に開催された、乃木坂46『真夏の全国ツアー2019」千秋楽公演では、OGが集結し、各メンバーがその後、楽屋で撮影した集合写真をSNS上に続々とアップしたことにより、よりファンの間で復帰待望論が高まることとなったようだ。

「1日に開催されたライブは、キャプテンとして約8年間グループを引っ張り続けてきた1期生の桜井玲香が卒業するとあって、西野だけでなく生駒里奈や若月佑美、深川麻衣ら同期が大集合。従来のファンを喜ばせる集合写真が続々とSNS上に投稿されました。そんな中で若月がアップした、西野、桜井との“同い年トリオ”の写真は、現場で3人揃う時間がなかったのか、『♯無理やりの』というコメント付きでコラージュされたスリーショット。ファンを笑わせた一方、同期の中で1番多い生まれ年だった“花の1994年組”世代が、次々と卒業していく流れに感傷的にさせた一面もありました」(同)

 その94年組による、東京・乃木神社での成人式の囲み取材では、成人を迎えての抱負として、「人前でしっかりしゃべれるようになる」と語った西野。しかし、現在はトーク番組でもレギュラーを持ち活躍中。アイドル活動で培った経験を武器に、今後もマルチな活躍が期待できそうだ。

西野七瀬、乃木坂46卒業後“笑わなくなった”発言に「帰ってこい」の声 若月佑美の“無理やり加工”に爆笑ものページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説