橋本環奈、本場ドイツで美人レジェンドMGとビール飲み&“生涯現役”宣言にファン歓喜

 人気女優の橋本環奈が、8月23日に放送されたバラエティー&紀行番組『アナザースカイII』(日本テレビ系)にゲスト出演。自身の顔の長さの2倍はありそうなグラスでビールをガブ飲みする場面があり、「いい飲みっぷり!」「飲み会イベントを開催してほしい」などとファンを沸かせた。

 同番組は、“海外にある第2の故郷”や“憧れの地”をゲストが訪れ、そのVTRを改めてスタジオで見ながら、トークを繰り広げるという構成。橋本は、ドイツ・ハノーファーで暮らす叔母に会うため、現地を訪れた。

「今年2月に20歳の誕生日を迎え、酒好きであることを公言する橋本。その豪快な飲みっぷりにはMC役の今田耕司と同様、視聴者も驚いたようです。また、この飲みの席には、ファンの間で美人と誉れの高い、橋本の公式Instagramを運営する“レジェンドMG(マネージャー)”が同席したことも話題になりました。橋本は同日、大阪で自身初のファンミーティングを開催したタイミングだったこともあり、『いずれはレジェマネ同席で飲み会イベントを開催してくだいさい!』と要望するファンも目立ちました」(芸能関係者)

 その後、橋本は幼少期から尊敬するという叔母と再会し、その生き方に感化されたことから、“生涯現役”宣言したため、「一生ついていきます!」とファンを喜ばせることにもなった。

「橋本が“タンテ(ドイツ語で叔母の意)”と呼ぶ叔母は、30年以上前から単身でドイツに移り住み、独学で音楽を学び、現在はパイプオルガン奏者と音楽学校の講師として活躍。そのバイタリティーあふれる生き様、実際に演奏する姿や授業風景を見たことで、改めて尊敬心が高まった様子でした。『生涯現役で、おばあちゃんになっても橋本環奈という女優を使いたいって想ってもらえるようにこれから頑張りたい』と宣言し、ファンからは、『きっと何歳になってもかわいいんだろうな』『日本を代表する大女優になってください』とエールが相次いでいました」(同)

 映画『銀魂』シリーズなどで知られる福田雄一監督に才能を見出され、ここ最近はコミカルな演技に開眼した橋本だが、来年1月公開予定の主演映画『シグナル100』は自身初のR15指定作品となり、学園を舞台にしたデスゲームに翻弄される生徒役を演じるとのこと。演技の幅を広げることで、女優としてより一層の成長を期待したい。

橋本環奈、本場ドイツで美人レジェンドMGとビール飲み&“生涯現役”宣言にファン歓喜のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説