秋元真夏の新キャプテン就任は“意外”? 過去には乃木坂46の人間関係に波紋を広げたことも

秋元真夏の新キャプテン就任は意外? 過去には乃木坂46の人間関係に波紋を広げたこともの画像1
乃木坂46公式サイトより

 乃木坂46の新キャプテンに、1期生の秋元真夏が就任する。14日に開催された乃木坂46『真夏の全国ツアー2019』で発表された。現キャプテンの桜井玲香が9月1日をもって卒業することに伴うものだが、秋元の新キャプテン就任には「意外」との声も多い。

「桜井の卒業で新キャプテンも世代交代があるのかと予想されていたので、秋元が任命されたことよりも1期生が次期キャプテンを務めるのが意外でした。乃木坂もデビューして早8年、1期生と2期生の多くはいつ卒業しても不思議はありません。てっきり3期生から選ばれるものと思っていたのですが、4期生が最近正式メンバーに昇格したばかりであることを考えると、古参メンバーがキャプテンのほうがグループをまとめやすいのかもしれません。それに秋元は人望もあるし、グループ加入当初は人間関係で苦労したので、キャプテンに向いていると思いますよ」(アイドル誌ライター)

 秋元は“あざといキャラ”で、同期だけでなく後輩からもイジられる愛すべき存在。彼女は11年の高校3年時に乃木坂の1期生オーディションに合格したが、大学入学まで芸能活動を両親に反対されたため、受験勉強のためにデビュー後すぐに活動休止。グループに復帰したのは翌12年の10月。そして、復帰後いきなり4thシングル「制服のマネキン」で選抜入りし、八福神(フロントメンバー)に選ばれる。だが、この抜擢がグループの人間関係に波紋を広げた。

「秋元の選抜入りによって、これまでの選抜メンバーの序列が崩れたからです。今年1月にグループを卒業した元エースの西野七瀬は秋元に押し出される形で、福神メンバーから外れて2列目から3列目にポジションが後退しました。また、それまで選抜常連だった中田花奈は選抜落ちの憂き目に遭いました。

 西野などはこれをキッカケに秋元と1年間も口をきかないほど、秋元との関係がギクシャクしてしまったと言われています。ほかの1期生メンバーも秋元をなかなか受け入れられず、彼女は浮いた存在でした。しかし、それでも秋元はイジられキャラに徹することで、次第に周囲も打ち解けるようになったのです。なので、キャプテンとして新しく加入するメンバーへのケアも十分できるはず」(同)

“まさか”の新キャプテン就任だが、秋元推しのファンにとって何よりも喜ばしいのは、新キャプテン就任で彼女のグループ卒業は当面なくなった、ということだろう。

秋元真夏の新キャプテン就任は“意外”? 過去には乃木坂46の人間関係に波紋を広げたことものページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説