乃木坂46“史上最強”4期生の大特集に「今後10年安泰」の声も、秋元真夏&高山一実が大きな壁に?

「ENTAME」(徳間書店)2019年 09 月号より
 乃木坂46の4期生・11人全員が、7月30日発売のアイドル誌「月刊エンタメ」(徳間書店)に登場。ソロでの初表紙&巻頭グラビアを飾った遠藤さくらを筆頭に、フレッシュなメンバーの姿にファンからは、「逸材揃い」「今後10年は安泰だね」などと称賛の声が集まった。

 昨年11月に加入した4期生は、9月4日リリース予定の24thシングル「夜明けまで強がらなくてもいい」(N46Div.)で遠藤がセンターを、その両隣に賀喜遥香と筒井あやめが抜擢されたことで注目度が急上昇している。

「“史上最強”と銘打たれて特集が組まれた4期生。先輩たちが確立した清楚なイメージを持ちつつも、それぞれが個性的だと評判になっています。今回、冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)でディレクターを務める塚田正道氏がインタビューに答え、『全体的に明るい子が多い』と評しました。同番組では以前、天然キャラで知られる北川悠理がバナナマン・日村勇紀から、『何年か後にこの子、バラエティーを荒らしまくってる気がする』と指摘されるなど、すでに頭角を現しつつあるメンバーもいるだけに、いずれは先輩たちのように他番組でも爪痕を残す活躍をすることでしょう」(芸能関係者)

 ただ、塚田氏によれば、4期生は打ち合わせ時は盛り上がるものの、スタジオ収録ではまだ本領発揮できていないメンバーが多く、トークが上手い1期生の秋元真夏と高山一実を前にした時に、「『じゃあしゃべって』と言われても、なかなか難しいと思う」と指摘している。

「秋元も高山も、前身番組『乃木坂って、どこ?』の初期からアグレッシブさを見せ、トーク力を磨き続けてきただけに、4期生にとっては大きな壁だと感じることでしょう。ただ、7月21日の放送回では、遠藤の提案で超激辛トッポギを食べることになった際、先に試食することになった秋元が、得意のリアクション芸を控えめにして後輩に見せ場を作ったと話題に。また、遠藤は高山と一緒に、5人組ガールズボーカルグループ・Little Glee Monsterのライブへ行く予定とのことで、プライベートでの交流も次第に増えつつあるようです。先輩のお膳立てや、各自が打ち解けることで、今後さらに素のキャラクターを引き出せるようになるのではないでしょうか」(同)

 乃木坂46は昨年12月、上海でグループ初の海外単独公演を成功させたのも、記憶に新しいところ。アメリカ暮らしの経験がある北川と清宮レイは英語が堪能とあって、ワールドワイドな活動のリード役としても成長が期待される。

乃木坂46“史上最強”4期生の大特集に「今後10年安泰」の声も、秋元真夏&高山一実が大きな壁に?のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説