秋元真夏(乃木坂46)、“19歳のワカメちゃん”役抜擢にファン歓喜

秋元真夏(乃木坂46)、19歳のワカメちゃん役抜擢にファン歓喜の画像1
「明治座 舞台『サザエさん』」公式サイトより
 5月24日、人気アイドルグループ・乃木坂46の“まなったん”こと秋元真夏が、9月から公演予定の舞台版『サザエさん』のワカメ役に抜擢されたことを自身のブログで報告。ファンから歓喜と祝福の声が殺到した。

 舞台版『サザエさん』はテレビアニメ版が今年50周年、さらに原作者・長谷川町子の生誕100周年を来年に控えることを記念して上演される。原作・アニメ版の10年後の世界が描かれ、主人公のサザエ役は藤原紀香、マスオ役は原田龍二、カツオ役は荒牧慶彦、タラオ役は大平峻也、フネ役は高橋惠子、波平役は松平健と、豪華キャストが顔を揃える。

「秋元は先月12日付の投稿で、『お仕事関連でびっくりなことが起きまして…私はアタフタしています! まだ内緒なので待っていてください 大丈夫なのかな? あわあわです』と、何やらもったいぶった予告をしていたのですが、まさかの舞台出演決定にファンは、『まなったんが「サザエさん」舞台版に出演とは!』『あわあわどころの騒ぎではありません!』などといった声があがるなど、衝撃を受けたようですね。しかも、妹グループにあたる日向坂46の齊藤京子とダブルキャストとのことで、普段はまったく異なるキャラの2人がそれぞれどのようにワカメ役を演じるのかと注目が高まっているようです」(芸能関係者)

 また、ワカメといえばアニメ版では、スカートからパンツが見えてしまっていることでもお馴染み(正確にはズボンの一種であるかぼちゃパンツ)であるため、「舞台でも再現するの?」「10年後は慎ましくなってパンチラ程度かな?」などと関心が寄せられている。

「アニメ版を基準にすれば、秋元と齊藤は19歳のワカメを演じることになります。公開されたビジュアルでは、ワンピースの下に白いタイツを着用と、パンチラどころか肌の露出もない衣装なのですが、乃木坂46イチのあざといキャラで知られる秋元なだけに、『稽古中に演出家にパンチラ交渉するのでは?』『まなったんのことだから、勝手にタイツなしで出演するぐらいのことはやらかしそう』などと、ファンから期待の声が寄せられているようです」(同)

 舞台出演は2014年に公演された乃木坂46の作品『16人のプリンシパル trois』以来となる秋元。国民的アニメの周年記念舞台というプレッシャーの中、どんなワカメ像を確立することができるか楽しみだ。

秋元真夏(乃木坂46)、“19歳のワカメちゃん”役抜擢にファン歓喜のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

アイドル&声優記事ランキング

鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!