齋藤飛鳥(乃木坂46)、“夢叶えた”市來玲奈との共演にファン涙 本格的な海外進出に期待の声

日本テレビ公式サイト「アナウンスルーム」より

人気アイドルグループ・乃木坂46の“あしゅ”こと齋藤飛鳥が、1日に放送された情報番組『news zero』(日本テレビ系)にゲスト出演。元メンバーで同期だった市来玲奈アナウンサーが担当するお天気コーナーで共演する場面があり、「まさかニュース番組で2人が肩を並べる日がくるなんて」「夢のような時間」などと、感慨に耽るファンが続出した。

「1stシングル『ぐるぐるカーテン』(Sony Records)では共に3列目に配されるなど、デビューした頃は、ともに選抜とそれ以外(アンダー)のボーダーライン上にいた2人。境遇が似ていることもあってか、齋藤いわく当時は、『よく一緒に帰ってた』関係だったようですね。14年7月に市來が卒業した際のファン向けセレモニーを見守った齋藤は、後日、自身のブログに、『“叶えたい夢がある”っていってたれなりんかっこ良かったよ』と書き込みましたが、アナウンサーこそがまさに、市來の幼少期からの夢だったんです。しかも、第一志望だったという日本テレビに就職しての2人の共演に、『夢ってかなうもんなんだね』『あしゅがエースになっての共演てのがミソだよね』などと、涙を流して感動する旧来ファンもいたようですね」(芸能関係者)

 市來がグループから離れて夢を実現させた一方、齋藤は今や乃木坂46の顔ともいえる存在にまで成長。母親がミャンマー出身ということもあり、運営からは海外進出のキーマンとして猛プッシュされている。

「市來が卒業する直前、乃木坂46はフランス・パリで開催されたイベント『第15回 Japan Expo』において初の海外ライブを行ったのですが、齋藤は参加メンバーには選ばれませんでした。しかし、昨年12月に上海メルセデス・ベンツアリーナで行った、乃木坂46にとって初の海外単独公演では、白石麻衣が不参加だったこともあり、全31曲中11曲でセンターを務め、新時代のエースという印象を決定づけました。今後、グループの顔としてアジア全域に進出し、『いずれはパリで公演を』と、期待する声がファンの間で広まっているようですね」(同)

 今月29日にリリース予定の新曲「Sing Out!」(N46Div.)ではセンターに抜擢された齋藤。乃木坂46だけでなく令和の芸能界をリードする存在になれるか、今後の成長が楽しみだ。

齋藤飛鳥(乃木坂46)、“夢叶えた”市來玲奈との共演にファン涙 本格的な海外進出に期待の声のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
ラムちゃんのおっぱいは世界をつなげる!
マモはもっとバラエティ出るべき!