ジャニーズJr.「Snow Man」佐久間大介のアニメ愛にマツコも太鼓判「ここまでファン側の気持ちわかってる人っていなかった」

ジャニーズJr.「Snow Man」佐久間大介のアニメ愛にマツコも太鼓判「ここまでファン側の気持ちわかってる人っていなかった」の画像1
フジテレビ系『アウト×デラックス』番組公式サイトより

 25日放送の『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に、ジャニーズJr.「Snow Man」の佐久間大介が出演。その“アウトっぷり”に、マツコ・デラックスも大絶賛した。

「今勢いのあるジャニーズJr.の一人」としてスタジオに登場した佐久間。彼のアウトたる所以が、“ガチすぎるアニメ愛”だ。ジャニーズきってのオタクとしておなじみの、Kis-My-Ft2・宮田俊哉の後輩でありオタ友でもある佐久間は、好きな作品に『ラブライブ!』『エロマンガ先生』『ゆゆ式』などを挙げており、宮田と共に『コミックマーケット』やアニメライブに出没する姿が度々目撃されており、オタクたちの間でも「ジャニーズJr.にガチオタがいるらしい」と認知されている(参照記事1)(参照記事2)。

 ジャニーズJr.の公式YouTubeチャンネルや、公式動画専門サイト『ISLAND TV』の動画でも、私服にアニメキャラクタのプリントTシャツを愛用している姿が確認されている佐久間だが、番組では、昨年のコミケでゲットしたという、キャラがプリントされた下着、通称「パン痛」がこれから来ると紹介しつつ、「気合入れたいときに着る」「女の子身に着けてるだけで変わりますね」と、やる気スイッチが「パン痛」であることを告白。

 また、一番尊敬するのは事務所の先輩ではなく、『ラブライブ!』の矢澤にこだといい、「アイドルは笑顔を見せる仕事じゃない、笑顔にさせる仕事なんだ」という彼女の言葉に共感し、出演舞台『滝沢歌舞伎』の口上に取り入れたことを明かした。

 そんな佐久間に、アニメが好きすぎてコトブキヤに就職して陸上部を作った元箱根駅伝ランナー・稲田翔威とアニメが好きすぎるあまり声優贔屓をしてしまう会計士・山田真哉の2人のオタクから「偉い!」と声が上がったほか、マツコ・デラックスも「これからのことを考えたら、アニメに精通しているジャニーズってすごい強いぞ」「日本のバラエティに出てる場合じゃないわよ」と大絶賛。

 そのほか、大好きな矢澤にこなどのポスターやフィギュアといったグッズとともに、自身のうちわやアクリルスタンドを飾った自宅写真を公開し、「(グッズを作ってもらえる)ジャニーズ事務所最高だな」「嫁と一緒に並べるのは最高の気分」と満面の笑みを浮かべたり、

「1作品に1人は嫁ができる。ジャニーズJr.で唯一、一夫多妻制やってるんです」

「クレーンゲームもやるんですけど、嫁が囚われているので助けたいなと」

 などなど、ガチオタらしい名言を次々生み出した佐久間。「(ライブとかに行ってもオタクの中で自分が一番イケメンだと思っているのでは? という指摘に対し)彼女たちは神格化されているので僕たちが手を出せるものではない」という発言には、ジャニタレと共演機会も多いマツコも「ここまでファン側の気持ちわかってる人っていなかったと思う。想像はできても実感はないじゃん。だからそこは強みだと思うよ」と、感心していた。

 視聴者からは「にこちゃんのプロ意識はすごいもんね分かるよ」「ワイもそこで矢澤にこちゃん大好きになった 佐久間くん良い奴だなおい」「もう覚えました! もうファンです!」「全然知らないグループだったけど同じ推しだと覚えられる」「彼最高ね、とても好きになった」との声が寄せられており、見事、新規ファンを獲得した模様。

 最近では、NEWS・小山慶一郎も『ラブライブ!』がキッカケでアニオタになったことを公言しており、ジャニーズ内にもオタクの輪が広がりつつある。番組中、マツコに「やりすぎると宗教っぽくなるからほどほどにしないと」と釘も刺されていた佐久間だが、これからもアニオタとして、ファンの心に寄り添いながらアイドル活動とオタク活動を両立していってほしいところだ。

ジャニーズJr.「Snow Man」佐久間大介のアニメ愛にマツコも太鼓判「ここまでファン側の気持ちわかってる人っていなかった」のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説