平手友梨奈(欅坂46)、“日向坂46襲撃”報告に「1年後まで待てない!」とファン興奮

平手友梨奈(欅坂46)、日向坂46襲撃報告に「1年後まで待てない!」とファン興奮の画像1
日向坂46・松田好花公式ブログより
 10日、日向坂46の松田好花が、7月5日から3日間にわたり開催された、姉グループ・欅坂46の野外ライブ『欅共和国2019』を訪れた時の様子を自身のブログで報告。“てち”こと平手友梨奈の「一撃」によって、「びしょ濡れ」になってしまったことを明かし、チケットを入手できなかった欅坂46ファンから嫉妬の声が殺到する事態を招いてしまった。

「今年で3回目を迎える『欅共和国』では、多量の水を用いた演出が取り入れられ、メンバーが客席に向かってウォーターシューターで放水するのが恒例になっています。松田は金村美玖や富田鈴花らとともに、平手の襲撃に遭ってしまったようで、平手ファンにとってはご褒美以外の何物でもないでしょう。また、今回のライブは学業優先のため昨年5月から活動休止していた原田葵が復帰したことも話題になりましたが、過去2回いずれも映像ソフト化されたのはイベントの翌年。そのため『1年も待てません!』『チケット運のない自分が恨めしい』などと、ヤキモキしているファンも目立ちますね」(芸能関係者)

 平手は昨年12月以降、腰部や両手関節の負傷に伴い、公の場に登場する機会が少なくなっていた。『欅共和国2019』で元気にパフォーマンスする姿を見せたことに、安堵の声をあげたファンも多かったようだ。

「遡れば2017年末、『第68回NHK紅白歌合戦』でのパフォーマンス中に負ったケガにより、昨年は年初から思うように活動ができなかった平手。今回のライブを見る限りではすっかり回復したように見えました。今月14日深夜に放送された冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)で、昨年11月に加入した2期生のお悩みに1期生が答える、という企画が放映された時も、デビュー曲から8作連続でセンターを務めるエース・平手の不在を惜しむ声がネット上で飛び交いましたが、番組に完全復活するのも時間の問題なのではないでしょうか」(同)

 昨年11月に今泉佑唯と志田愛佳、その翌月に米谷奈々未が卒業した時には、ファンの間に暗いムードが漂いかけた欅坂46。しかし関西出身の賑やかなメンバーが多い2期生の加入や、平手&原田の完全復帰によって大きく息を吹き返すことになるに違いない。

平手友梨奈(欅坂46)、“日向坂46襲撃”報告に「1年後まで待てない!」とファン興奮のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説