オードリー、『キン肉マン芸人』に正式認定! “弟子”の日向坂46が女性ファッション誌にネタを浸透

「キン肉マン 40周年ポータルサイト」より
 お笑いコンビ・オードリー(春日俊彰&若林正恭)が、5月20日に発売された青年誌「週刊プレイボーイ」(集英社)の企画で、人気コミック『キン肉マン』(同)の原作者・ゆでたまご(嶋田隆司&中井義則)と対談。原作者から“キン肉マン芸人”として正式に認められ、オードリーが同作品をこよなく愛することを知るファンから祝福の声が集った。

「『キン肉マン』のコミック連載40周年を記念して大特集が組まれ、オードリーはその一環として、ゆでたまごの仕事部屋を訪れ初対面を果たしました。今年10周年を迎えたラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で、キン肉マン愛をアピールし続けてきたことを原作者2人も認知していたようで、『今後はゆでたまご先生公認のキン肉マン芸人というのはどうですかね?』という春日のリクエストを快諾。おまけに、同ラジオのリスナーの名称である“リトルトゥース”の文字が入った番組特製のTシャツを両先生が着用し撮影に応じたため、特に古参のリトルトゥースにとっては感慨深い企画となりました」(芸能関係者)

 さらに冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)内でオードリーから『キン肉マン』の魅力を教え込まれている、アイドルグループ・日向坂46の松田好花もインタビューページに登場。家族ぐるみで作品を愛読していることを語ったが、日向坂46の他メンバーも、最近は他メディアで同コミックについて語り、ファン層の拡大に寄与しているようだ。

「番組開始当初は、『キン肉マン』ネタを随所に放り込むオードリーに対して、メンバーはポカンとした表情を浮かべていました。ですが、今年2月に放送された回で集中講義を行った結果、『キン肉マン』にのめり込むメンバーが続出。特に松田は熱心に作品を読み込み、オードリー直伝のキャラクターにちなんだ“たとえツッコミ”を繰り出して、番組を盛り上げるようにまで至りました。キャプテンの佐々木久美も専属モデルを務める女性ファッション誌『Ray』(主婦の友社)の6月号の着回し企画内で、たとえツッコミをちゃっかり披露。日向坂46内には佐々木の他に4名、他誌で専属モデルを務めるメンバーがいますから、今後もオードリーの弟子たちが新規ファン獲得に尽力していくかもしれませんね」(同)

 日向坂46がきっかけで『キン肉マン』好きになるファンもいれば、『キン肉マン』から日向坂46を知るきっかけを生み出すこともあるだろう。けやき坂46からの改名&1stシングル「キュン」(Sony Records)をリリースと、今年はある意味“元年”にあたるが、オードリーともども名作コミックのように末永く続くグループになることを期待したい。

オードリー、『キン肉マン芸人』に正式認定! “弟子”の日向坂46が女性ファッション誌にネタを浸透のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!