けやき坂46、日向坂46に改名&シングルデビュー決定にファン歓喜 “キン肉マン特需”に乗るチャンスも!?

日向坂46公式サイトより
 11日、人気アイドルグループ・けやき坂46(通称・ひらがなけやき)の加藤史帆、柿崎芽実、小坂菜緒、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲の6名が、ライブ配信アプリ「SHOWROOM」での生配信中、グループ名を『日向坂(ひなたざか)46』に改名することや、3月27日に単独デビューシングルのリリースが決定したことなどを発表。ファンから歓喜と祝福の声が殺到した。

 けやき坂46は元々、2015年11月に長濱ねるが、家庭の事情のため他のメンバーに遅れて欅坂46に加入した際、研究生的な意味合いで発足。16年5月に1期生・11名が加入し、17年に2期生・9名が加入し、さらに長濱が欅坂46を専任することが発表された。昨年6月にはデビューアルバム『走り出す瞬間』(Sony Records)をリリースしたものの、シングル曲は欅坂46のカップリング収録が続いていた。

「グループの生い立ちが複雑なため、昨年11月に1期生の井口眞緒がバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演した際には、欅坂46との違いを説明するのに苦労していましたし、どうしても発足当時の下部組織的なイメージが付きまとってしまうため、改名はメンバーもファンも大賛成の様子です。

 配信中には、約3年間の苦労を振り返り、佐々木美玲が号泣する場面がありましたが、下積みともいえる期間で培った力は十分。昨年末には14歳の3期生・上村ひなのが加入したことで新たな風も吹き、活躍を期待する声が高まっています」(芸能関係者)

 配信後、『冠番組、単独シングルデビュー、改名』という“必ず叶えたい夢3つ”を達成できたとブログで総括した齊藤。昨年4月に放送開始された冠番組『ひらがな推し』(テレビ東京系)では、MCのお笑いコンビ・オードリー(春日俊彰&若林正恭)に鍛えられてバラエティー力がメキメキとアップ。今後、他番組に呼ばれる機会も増えてきそうだ。

「大喜利企画ではむしろ、春日を凌駕する答えを連発するなど、日向坂46メンバーはバラエティー対応力の高さを発揮しています。また、これまではオードリー2人によるアニメ『キン肉マン』の“例えツッコミ”にポカンとする一方だったのですが、今月10日深夜の放送回では、春日から講義を受けてツッコミを習得。一見するとオードリーによる押し売り企画にも思えたのですが、春日いわく、『キン肉マン』は今年コミック連載40周年のため、特番が放送される機会が増える可能性が高いとのこと。実際コラボイベントなどが盛んに行われていますから、『キン肉マン』をしっかり語ることができるアイドルがいれば、何かしら出番が増えるかもしれません」(同)

“ハッピーオーラ”を合言葉に活動してきたけやき坂46。日向坂46という新しいグループ名に変更になったことを機に、さらなるハッピーを振りまくことができるのか。改名後の展開から目が離せなさそうだ。

けやき坂46、日向坂46に改名&シングルデビュー決定にファン歓喜 “キン肉マン特需”に乗るチャンスも!?のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!