山下美月(乃木坂46)、“先輩にガンとばし”ショットにファン歓喜 馬乗りセクシーシーンに衝撃走る

『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』(東京テレビ)公式サイトより

乃木坂46の3期生・山下美月が、5日発売の週刊誌「FRIDAY」(講談社)の連載ページ『乃木撮』で、カメラを睨みつける姿を披露。「ゾックゾクします!」「その顔のまま罵られたい」などと、Mっ気のあるファンを歓喜させた。

 乃木坂46メンバー自らが楽屋などで撮影した写真をコメント付きで紹介する同連載。アイスを食べる山下にカメラを向けた結果、「鋭い視線を向けられた~」と報告したのは、1期生の秋元真夏だった。

「先週号では同じく1期生の松村沙友理が、食事中の山下を撮影した写真が掲載されましたが、こちらは柔和な表情を浮かべていました。グループ内でイジられ役の秋元だからこその“ガンとばし”ショットがゲットできたのでしょう。Sっ気のある顔立ちの山下の魅力を最大限に引き出した1枚だったため、『さすが、名カメラマン!』『カメラを向けただけで睨んでもらえる真夏さんのキャラが羨ましいです』などと、山下ファンから感謝や嫉妬の声が送られたようですね」(芸能関係者)

 そんな小悪魔系のビジュアルの山下が、今月11日から放送のテレビドラマ『電影少女-VIDEO GIRL MAI 2019-』(東京テレビほか)では、“最凶の悪女”を演じるとあってファンの注目度は高まるばかりとなっている。

「山下が演じるのは、映像内から実体化したビデオガール・神尾マイ役で、ビデオを再生した“主人”の叶野健人(萩原利久)が、現役女子高生モデル・朝川由奈(武田玲奈)と付き合いたい、という願望を叶えるために手段を選ばぬ悪女ぶりを見せるとのことです。男子生徒にキスを迫ったり、馬乗りになるシーンが盛り込まれた第1話の予告動画が公開されるや否や、『現役アイドルがここまでやっちゃうの!?』『見たいよーな、見たくないよーな』などと、ファンをザワつかせる事態に。清楚なイメージをウリにする乃木坂46のメンバーだからこそ衝撃度は強く、このドラマをきっかけにグループ内で独自のポジションを確立することになりそうです」(同)

 3月末まで放送されていた、乃木坂46メンバーが出演した学園もののホラードラマ『ザンビ』(日本テレビ系)では、いじめっ子役を演じた山下。悪女役が似合う女優として、さらなる魅力を発揮する日も近いのかもしれない。

山下美月(乃木坂46)、“先輩にガンとばし”ショットにファン歓喜 馬乗りセクシーシーンに衝撃走るのページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
歴史に残る珍作となりそうだけど大丈夫?
ちびまるこちゃんって何歳になっても観れるよね。