『勇者のくせにこなまいきだDASH!』サービス終了に悲しみの声 「脱力感がヤバい」

『勇者のくせにこなまいきだDASH!』公式サイトより

 1月24日にスマートフォン向けアプリ『勇者のくせにこなまいきだDASH!』がサービス終了を発表。ユーザーからは悲しみの声が相次いでいる。

 同ゲームが配信されたのは、2018年の2月14日。PSPで人気を博した『勇者のくせになまいきだ。』シリーズのスマートフォン向けタイトルとあって、リリース前からファンの注目を集めていた。ゲームの内容は『勇なま』シリーズの世界観やドット絵などを継承しつつ、スマホゲームならではの手軽さや中毒性を合わせもったパズルRPGに。プレイヤーは「破壊神」となり、魔物を召喚して“勇者”を撃退。魔王を守りながら、世界征服を目指していく。

『勇なま』シリーズをスマホで気軽に遊べる同アプリに、ユーザーからは「スマホゲーなのに操作性がよくていい感じ!」「かなり中毒性が高い」「『勇なま』シリーズやったことないけど、難易度が丁度いいから楽しめる」といった声が。既存のファンのみならず、新規のユーザーからも高く評価されていた。

 しかし今回、同アプリは公式サイトで「平素より『勇者のくせにこなまいきだDASH!』をご利用いただき誠にありがとうございます。2019年4月24日(水)14:00をもちまして『勇者のくせにこなまいきだDASH!』は、サービスの提供を終了させていただくこととなりました。これまでお楽しみいただいておりましたお客様には深くお礼申し上げます」と発表。また同日にはメンテナンスが入り、有償アイテム「金の魔王石」の販売が終了した。

 これにSNSなどでは、「こんなに楽しいゲームなのになんで終わるの!?」「やりこんでたゲームだけに脱力感がヤバい」「オフライン版でもいいからアプリを残してくれ!」「アプリが終わったら勇者が勝って世界に平和が訪れちゃう!」と悲しみの声が。やり混み要素の多いゲームなだけに、喪失感に襲われる人も多いようだった。

 また「『勇なま』シリーズのスマホゲーがまさか1年ちょっとで終わるとは……」「いくらなんでも早くない?」と驚く人も。一方で同ゲームは比較的“課金”をしなくても長く続けられる内容となっており、「正直儲かってるかどうか心配だったけど、やはりだめだったか」「マネタイズがうまくいかなかったのかな?」と納得の声も上がっている。

 現状の最新作である『勇者のくせにこなまいきだDASH!』が終了してしまう『勇なま』シリーズ。ゲームとしては間違いなく面白い名作タイトルなので、次の展開に期待したい。

『勇者のくせにこなまいきだDASH!』サービス終了に悲しみの声 「脱力感がヤバい」のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
鬱アニメも良いけど鬱マンガも良いぞ!
鬱アニメといえばSchool Days!