渡辺梨加(欅坂46)の“史上最速時代”にファン驚き 底知れぬ魅力と衝撃の変顔に「宝の山」と絶賛の声

『Ray』(主婦と生活社)2019年2月号より
 人気アイドルグループ・欅坂46の“ベリカ”こと渡辺梨加が、専属モデルを務める女性ファッション誌「Ray」(主婦の友社)内で幼少期の写真を披露。「美少女ぶりが際立ってる」「アイドルになるべくしてなった逸材」などと、ファンから絶賛の声が相次いだ。

 12月21日に発売された同誌2月号では、レギュラーモデル12名の特集記事を掲載。個別ページが用意され、新年の抱負や私服ショット、乳幼児期から本誌初登場までの写真が紹介された。

「渡辺の幼い頃の写真も掲載されましたが、特に小学校1年生時のものがファンの関心を集めたようです。と言うのもツインテールに花柄のワンピースが似合う、かわいらしいビジュアルだけではなく、『まさかのベリカ史上最速時代!?』と銘打たれ、『この頃持久走の大会で常連組だった』という紹介文にファンは注目。『ベリカが速く走る姿なんて今ではまったく想像できない』と、ファンたちは驚かされたようです。高学年になる頃には走るのは完全に苦手になったとのことですが、そのおっとりした性格と、約1年の付き合いがある同誌編集者でさえ『底知れない』と指摘する謎めいたキャラクターによって、渡辺は個性派揃いの欅坂46内においても特異なポジションを確立し、人気を獲得しているのでしょう」

 そんな独特なキャラクターの渡辺はモデル仲間をも魅了しているらしく、書き初め企画で誌面共演した加藤ナナからは、「ぺーちゃん(渡辺の愛称)は宝の山なの。会うたびに新しい一面を知ることができて底が知れない!」と絶賛された。

「加藤は渡辺の“新しい一面を知った”一例として、同誌に掲載された変顔企画を振り返り、普段おとなしい渡辺が意外にもためらうことなく変顔したことに驚き、『そのギャップにホレた!』や、『ほんとうにおもしろい、不思議な生き物』と興味津々の様子。その変顔企画で渡辺は、顔を両側から手で押さえ、タコのような口を披露しています。同誌史上初の男性モデルである、お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司も企画に参加しているのですが、『齋藤さんを凌駕してないか?』『まさに芸人殺し』などと、ファンに衝撃を与えたようですね」(同)

 冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)ではあまりに声が小さいため、一人だけピンマイク装着という苦肉の策がとられた渡辺だが、ここ最近はサングラスやお面をつけると陽気になる、というキャラを確立。2019年も新たなキャラを発揮してファンを楽しませてくれることだろう。

渡辺梨加(欅坂46)の“史上最速時代”にファン驚き 底知れぬ魅力と衝撃の変顔に「宝の山」と絶賛の声のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?