元『おかあさんといっしょ』の歌のおにいさん・杉田あきひろがダルクから復帰…今後の活動はいかに?

『おかあさんといっしょ』の元歌のおにいさん・杉田あきひろがダルクから復帰…今後の活動はいかに?の画像1逮捕前の杉田氏(撮影:松之井淳)

 『おかあさんといっしょ』の9代目うたのおにいさんで、2016年に覚せい剤取締法違反の疑いで現行犯逮捕された杉田あきひろ氏から、関係者に薬物依存リハビリ施設・長野ダルクを卒業した旨の連絡がいっていたことが分かった。

 メールでの一斉送信だったようだが、内容は、

①6月20日に執行猶予が無事に切れ、3年間お世話になった長野県上田市にある薬物依存リハビリ施設・長野ダルクを卒業いたしましたとの報告。
②3年前の逮捕時にみなさんに多大なるご迷惑、ご心配をおかけしてしまいましたとの謝罪。
③保釈された足でそのままダルク行き外との接触が一切禁止されていて、誰にも連絡する事も謝罪する事も出来なかったとの説明。
④引越した長野県松本市を拠点とし、歌手活動、薬物乱用防止啓発の講演活動、その他仕事を選ばず頑張っていきたいとの決意。
⑤いつかまたみなさんに笑顔でお会いできるよう、地に足をつけて真っ当に生きていくのでご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますのまとめ。

 以上であり、綴られ住所と携帯電話番号が記載され最後に本人の署名で締められていたそうだ。三年間、携帯電話を触れなかったためか、宛先の指定方法が甘く、杉田氏が誰に送ったのか全て分かってしまう送り方だったらしい。

「3年前に杉田氏が逮捕され、そしてダルクに入った時に「どうせまたやるよ」と揶揄した知人や歌手仲間が大勢いました。でも彼がどうして薬物依存になったかの経緯や既成事実を知る者としては、このメールにより、彼が歌のお兄さんに選ばれた時の精神に戻れた気がしていますね」(関係者談)

 杉田あきひろは才能あふれる人物であり、違法薬物に手を出すような人物ではなかった。歌のお兄さんに選ばれた時には、「やっぱり選ばれた」と思ったと関係者は続ける。

「ミュージカルの楽屋で、いま人気俳優になっている幾人かの俳優の子役時代に、子役にも平等に優しく兄貴の様に接していたのを垣間見ていました。子役全員を弟や妹と思える様な接し方をしていたから根っからの子供好きだったんです。自宅では、二匹の猫を飼っていて猫への愛情も凄く、ブログに以前亡くなった猫と出会った記念日を載せたりマメで真面目な性格で、他界した先輩俳優の命日にも思い出をブログに呟いたりされていたんですよ」(同)

『おかあさんといっしょ』の元歌のおにいさん・杉田あきひろがダルクから復帰…今後の活動はいかに?の画像2ミュージカル俳優だった頃の杉田氏

 そんな杉田のブログが途切れたり、時間や約束に厳格だったはずが彼に、 何人もの歌手仲間から「リハーサルの約束してるのに連絡がとれない」という不満とも不安とも取れる声が漏れだしたのは、逮捕の半年程前だった。当時、ライブのMCで若干呂律が変だったときや、攻撃的な態度をされたと彼を怖がる人も多かったと聞く。

 薬物がハイテンションにさせていたのでは? とインターネットへの書き込みがよく目についたが、杉田氏はもとから楽屋でもハイテンションで有名だった。真面目を絵に描いたような彼を薬物使用に追いやった原因は、仕事の減少による不安だったのだろう。

「杉田さんの歌のお兄さん時代の人気は絶大でした。テレビの他に歌のお兄さんでのイベントショーや舞台俳優としての仕事と目白押しだったんです。それはもう、歌のお兄さん卒業後も永遠に続くかのように感じられたのですが、次第に仕事は減少していきました。頭の良い杉田さんのことなので、別のラインの仕事で、シャンソン歌手としてシャンソニエ(シャンソンのライブハウス)で歌う仕事を入れていたが、ギャラ的には歌のお兄さんのギャラの足元にも及ばない金額だったと聞きます」(同)

 歌のお兄さん全盛時代に購入した都内のマンションを手放さなくてはならないほど仕事が入らなくなるも、彼は人に泣きついたりしなかったそうだ。しかしその苦しみから魔が差して、現実逃避で薬物に手を出した可能性は高い。更生したいま、再び薬物に手を出すようなことはないであろう。薬物の恐ろしさを身をもって語れる技量を吐き出すことで、彼ができる最大の活躍をみせてくれると信じたい。

元『おかあさんといっしょ』の歌のおにいさん・杉田あきひろがダルクから復帰…今後の活動はいかに?のページです。おたぽるは、芸能アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

漫画村の問題はみんなで考えていかないといけない
世の中の消防士さんたちのイメージ変わっちゃうよ!