『リーグ・オブ・レジェンド』がモバイルゲームに参入!? 古参プレイヤーからは不安の声も!

『リーグ・オブ・レジェンド』がモバイルゲームに参入!? 古参プレイヤーからは不安の声も!の画像1
『リーグ・オブ・レジェンド』公式サイトより

 今年5月にロイターが、世界的大人気ゲーム『リーグ・オブ・レジェンド』(通称『LoL』)のモバイル版が開発されていると報道。日本のユーザーからも、「とうとうLoLもスマホゲーに参入するのか」と期待の声が上がっている。

『リーグ・オブ・レジェンド』は、Riot Gamesが2009年にリリースした5対5を基本とする対戦ゲーム。いわゆる“MOBA”というジャンルのゲームで、「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターを操作し敵の本陣を攻略するのが目的だ。世界各地ではプロチームによるリーグ戦が行われており、「League of Legends World Championship」という世界大会も毎年開催。月間のアクティブプレイヤーは1億人以上とも言われている。

 今回話題になったのは、そんな『リーグ・オブ・レジェンド』のモバイル版に関する情報。報道によるとRiot Gamesは、中国に本社を置く大企業「テンセント」と協力しモバイル版を開発しているという。両社とも正式なコメントは控えているが、もし本当ならちょっとした“事件”。SNSなどでは早くも「LoLのモバイル版ってマジ? 出たら絶対やる!」「モバイル版の大会とかも行われるのかな?」「タブレットでの操作にどう最適化されるのか楽しみ」といった声が上がっていた。

 その一方で、モバイル版としてのリリースにはいくつかの不安要素が。例えばPCゲームとして高い競技性が評価されてきた『リーグ・オブ・レジェンド』だが、スマートフォンなどで遊ぶとなると当然操作方法が変わってくる。これがゲーム性にどのような影響を与えるのかは未知数。そのため往年のプレイヤーからは、「LoLをスマホでやるとか無理じゃね?」「慣れないうちはめっちゃイライラしそう」などと指摘されていた。

 また「今更スマホゲーでLoLが流行るとは思えない」との意見も。確かに現在モバイルゲームでは、『伝説対決 -Arena of Valor-』や『モバイル·レジェンド:Bang Bang』、『Vainglory』といった“MOBA”がすでに人気を集めている。そんな中で『リーグ・オブ・レジェンド』はどれほどのシェアを獲得できるのか。PCでは確固たる地位を築いているゲームとはいえ、さすがに苦戦を強いられるかもしれない。

 今年で10周年を迎える『リーグ・オブ・レジェンド』。このメモリアルイヤーにどのような新展開を見せるのか注目だ。

『リーグ・オブ・レジェンド』がモバイルゲームに参入!? 古参プレイヤーからは不安の声も!のページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

メタラーはオタク説
消えない声優業界の枕営業伝説