長濱ねる(欅坂46)、卒業後はカメラマンに転向!? “誘い涙”にファンの涙腺崩壊

欅坂46・長濱ねる公式ブログより
 3月20日、人気アイドルグループ・欅坂46の長濱ねるが、自身のブログ上にメンバーのオフショットを複数枚アップ。ファンを喜ばせたものの、画像とともにアップされたコメントが波紋を呼ぶこととなった。

 長濱がアップしたのは、最新シングル「黒い羊」(Sony Records)のType-AからC盤にそれぞれ前・中・後編と3分割されて収録されているドキュメンタリー特典映像『KEYAKI HOUSE』からのもの。これはスタッフなし、台本もない状態で欅坂46・1期生メンバーが1泊2日を過ごす企画で、バーベキューを楽しむ平手友梨奈と石森虹花のツーショットをはじめ、お宝写真の数々にファンが沸いた。

「長濱目線のレアショットに歓喜と感謝の声が相次ぐ一方、同シングルのPR活動をもって卒業することを発表しているため、『写真は撮る方が好きなのですな〜』とのコメントにファンは敏感に反応。以前、冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のロケでニューハーフバーを訪れた際には、店のママから“やりたいこと”を優先すべきだと背中を押され涙ぐむ場面もあっただけに、『まさかカメラマンに転向?』『被写体でこそ輝くと思うけどなぁ』などと、ファンをザワつかせることになってしまったようです」(芸能関係者)

 長濱は3月23日にも、小林由依、菅井友香、土生瑞穂、渡邉理佐とともに出演しているイオンカードのCM撮影時のオフショットを自身のブログにアップ。それぞれのファンを喜ばせたが、その公式サイトで公開されたショートムービーでは涙を流す演技が話題を呼んでいる。

「5人のメンバーは、25歳以下の若者の新生活を応援する『新生活応援キャンペーン』のイメージキャラクターとして起用され、WEB上のショートムービーではそれぞれの個性に合った役を演じています。長濱は仕事も恋も上手くいかない新人の雑誌編集者を演じているのですが、その映像内では夕陽を見つめながら涙を流すシーンがあるため、『今までのアイドル活動でも、つらくて泣いたことがあったのでは?』『卒業が悲しすぎて、つられて号泣しちゃいました』などと、ファンの涙腺を崩壊させてしまったようですね」(同)

 この動画では、希望に満ちていた頃の自身の映像を見直すことで気持ちを新たにし、最後は晴れ晴れとした表情で編集者として活躍する姿が描かれている。ファンとしてはこの役柄と同じように、長濱が欅坂46に加入した時の初心を取り戻し、表舞台で生き生きとした姿を見せてくれることを願うばかりだろう。

長濱ねる(欅坂46)、卒業後はカメラマンに転向!? “誘い涙”にファンの涙腺崩壊のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
素人のWEB小説が原作とかじゃないよね…?
今はじめれば1日1回10連ガチャ無料!