注目アイドルや若手女優が織りなす舞台『ハイスクールミレニアム2015』に注目!【記者発表会レポ】

 水沢沙希役の菅沼もにかは、アリスインプロジェクトの舞台としては昨年上演された『戦国降臨ガール・ReBirth(リバース)』『セブンフレンズ・セブンミニッツ』以来、約1年ぶり。先日上演された『舞台版レーカン』では、コギャル霊役を演じるなど、若手ながら演技経験も豊富だ。アイドルグループ「ハコイリ♡ムスメ」のメンバーとしても活躍している。今回の座組では、最年少キャストではないことを自ら語って、少し大人になった自分を見てほしいとアピールしていた。

1512_aricein_04水沢沙希役の菅沼もにか。一時間ほどの芝居を行う定期公演『DX劇団ハコムス』にも出演している。

 那奈は、先月、アリスインプロジェクトの舞台『新・戦国降臨ガール』で織田信長役も演じ、殺陣も見事だった。これまでアリスインプロジェクトの舞台にも多く出演している。「なあ坊豆腐@那奈」というアーティスト名ではなく、「那奈」というシンプルな名前で挑む今回の舞台では、新たにチャレンジしていく気持ちが込められているようだ。今回、さまざまな時代からの女性が集まるストーリーに「そのギャップを楽しんでもらいたい」とのことだ。また学園ものということで、那奈も制服を着るのかと思いきや、二児の母という役柄に興味が沸く。どうしても制服姿が見たいという方は、来年1月13日から笹塚ファクトリーで上演される舞台『レプリカ』を見てほしい。

1512_aricein_05月岡綿美役の那奈。

 平山空は、企画演劇集団ボクラ団義第一期メンバーとして立ち上げ公演『re・call』より活動しているベテラン中のベテラン。これまで、ボクラ団義の全300公演に出演しているというから驚きだ。先月も舞台『十七人の侍』に出演したばかりで、戦国ものから学園ものへの切り替えを、さらりと出来るのは流石といえる。『ハイスクールミレニアム』は、過去の公演を含めて3回目となり、今回も同じ日野亮子役を演じる。年齢も経験もバラバラな出演者の中では頼れる存在と言えそうだが、この日、出席出来なかった脚本・久保田唱氏からの手紙を代読する際、「感慨深い」を「かんきぶかい」と読み違えて、中学3年生の菅沼もにかに直されるという、お茶目な一面も見せた。また、「意気込み過ぎて、空振りをしないように頑張る」と抱負を語った。

1512_aricein_06日野亮子役の平山空。

 興松千鶴役の中野裕理は、戦時中から2000年にやって来た女性という役どころ。「3回目の再演ということで、今まで一番面白かったと言える作品にしたい。そして、また観たいと言ってもらえるようにしたい」と意気込みを語った。本作品は西暦2000年の高校が舞台になっていることについて「2000年はちょうど、自分が高校生だった頃で、(劇中の登場するさまざまなものが)懐かしくて、稽古場で一人ウルウルしている」とのこと。また、若い世代の役者を支えていきたいと先輩らしさを見せていた。中野は、この作品で役者としてだけでなく、劇中の振付も行ったという。どんなものになるのか、気になるところだ。

1512_aricein_07興松千鶴役の中野裕理。

注目アイドルや若手女優が織りなす舞台『ハイスクールミレニアム2015』に注目!【記者発表会レポ】のページです。おたぽるは、アイドルアイドル&声優その他演劇の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -
美少女ゲーム業界はどうなっちゃうの?
『翔んで埼玉』観た?