アニメ『BEASTARS ビースターズ』ヤリマン・ハルに童貞・レゴシがタジタジ…第3話

アニメ『BEASTARS ビースターズ』ヤリマン・ハルに童貞・レゴシがタジタジ…第3話の画像1『BEASTARS ビースターズ』公式サイトより

 擬人化された肉食獣と草食獣が生活・共存をする世界を舞台に、全寮制の学校「チェリートン学園」へ通う動物たちの群像劇『BEASTARS ビースターズ』。第3話がオンエアされた。

【第3話】
 園芸部の部室でハルに迫られるレゴシ。しかし状況が飲み込めず、その場を逃げ出してしまう。一方、演劇部の定期公演は二日後に迫っているが、稽古中に負傷したルイの怪我はますます悪くなっていた。なんとか隠し通そうとするルイだが…

 ハルに迫られたレゴシはその場を逃げ出してしまう。しかしこれは仕方ない。話してた女子が、突然服を脱いで自分の服も脱がそうとしてくるなんて。しかも結構手慣れている。ムードあるトークを繰り広げ、肉食は初めてといいつつも怖がりもしない。

 確実に童貞なレゴシはハルにシーツをかけ、慌てて部屋を出てしまう。途中で逃げたアリクイのキビはレゴシに何もなかったか問いかける。そう、ハルは草食の間ではちょっと有名な「ビッチ」だったのだ。

 何人もの男子生徒がハルと関係を持っているという恐るべきウサギ、ハル。そりゃ女子にいじめられるはずだ。何故ハルが様々な男子と関係を持っているかは分からないが、ウサギは寂しがりだからとかそういう理由なのだろうか。

 しかしレゴシは、ハルをビッチという言葉で片付けていいような子には思えないでいた。徐々にレゴシにとって、ハルは鮮烈な存在となっていく。

 演劇部の定期公演の日程が近づいてくる。学校の中でも目玉の行事ということで、新聞部はメインのルイの写真を大きく扱おうと士気を高める。

 それぞれの動物は日常を快適に過ごすために、「生態の日」というのがあるようで、白熊だったら寒い部屋にこもったり、狼のレゴシは満月の光が浴びれる部屋に仲間とこもるのだ。

 そういったそれぞれの種族が自分たちが「肉食」「草食」といった意識を強く持って生きている中、演劇部トップで次期ビースターの呼び声が高いルイは、前回のアクシデントで足を負傷していた。今回の演目でも主役を演じる彼は、ここでケガを理由に降りることはできない。

 また自身の抱えるプライドにも縛られており、レゴシの肉食で自分よりも腕力などかなうはずもない種族なのにオドオドとしている姿にいらつきを覚え、自分にかみつけと食って掛かってしまう。しかしレゴシは、肉食獣が牙をむくのは違反だとたしなめる。

 とうとう演劇部の幕が上がった日、熱を帯びた演技で観客を魅了するルイ。しかし、最後の最後、幕が下りた瞬間に足の感覚が全くなくなった彼はその場に倒れてしまう。

 カーテンコールに出ることを望むが、それも難しそうだ。まだ残りのスケジュールがある中主役が倒れてしまった演劇部はこのピンチをどう乗り切るのか。
(文=三澤凛)

アニメ『BEASTARS ビースターズ』ヤリマン・ハルに童貞・レゴシがタジタジ…第3話のページです。おたぽるは、漫画アニメ作品レビューマンガ&ラノベの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!