渋谷ハロウィンでイキる気満々のリア共に告ぐ、それは断じて「コスプレ」ではないと!

千都さん仮装

■ハロウィンであえて「コスプレ」に挑むあなたへ――モテようと思うな

――少数派だと思いますがハロウィンであえての「コスプレ」にチャレンジする人がいたら、何か『COSPLAY MODE』さんからアドバイスはあるでしょうか。

大門 コスプレに挑戦するのであれば、モテようと考えないことですね。男子の目を気にするから「カワイイ」に行きたくなる。

千都 やはりその場にいる男子受けを狙おうとすると「セクシーゾンビポリス」みたいになりますからね。

――ゾンビ感はごく控え目な、セクシーポリスに重きを置いた感じになるでしょうね。

大門 ですので、女子四人だけで「合わせ※」でやろうとしてみる。 仲間内だけ楽しければいいと。そういう「閉じた」楽しみ方もあるんじゃないかなと思いますね。

※合わせ……「4人で北斗四兄弟のコスプレしよう」といった、仲間内で同一作品の衣装でそろえること。

千都 仲間内でコスプレをしてスタジオで撮影するような楽しみですね。閉じているんですけれど、楽しいんです。

* *
 もちろん「仮装」を否定するわけではない。コスプレの「(コスプレ対象によっては今より)ブスになる勇気」というのはなかなか年ごろの女子にはハードだろうし、「写真撮りまくってSNSでリア充アピしてもしかしたら素敵な出会いも……」とて、達成すべき大義と言える。

 大切なのは自分の目的を失わず、素直になることだろう。モテたくて渋谷に行くなら可愛げのないウケを狙った仮装や、それともガッチガチのコスプレをして「こういうアタシのセンスを分かってくれるオトコじゃないと嫌」とひねくれてはいけない。面倒くさい女だと思われるだけであり、成果を得られずスネて激込みの埼京線に乗るだけだ。

 あの叶美香様とて『COSPLAY MODE』ではドロンジョ様など「ご自分をわかってらっしゃる」コスプレを披露されている。だからファビュラスなメンズが後を絶たないのだ。コスプレをしたいならコスプレで行くべきだが、モテたいなら潔くミニスカ小悪魔風魔女仮装をして道玄坂やら宮益坂やらをせっせと登るべきだ。ただ、「童貞を殺すセーター」までいくとあれは写真やイラストだからいいのであって、生でいたら怖がる男も多そうな気がする。

 「コスプレ」「仮装」両軍の渋谷での健闘を祈りたい。

(文/石徹白未亜 [https://itoshiromia.com/])

◆石徹白未亜の過去記事はこちら(【おたぽる】【日刊サイゾー】)から◆

★好評発売中!!
『節ネット、はじめました。 「黒ネット」「白ネット」をやっつけて、時間とお金を取り戻す』(CCCメディアハウス)

渋谷ハロウィンでイキる気満々のリア共に告ぐ、それは断じて「コスプレ」ではないと!のページです。おたぽるは、インタビューその他ホビーの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

XLサイズ……
XLサイズって想像できないだけど!!