加藤史帆(日向坂46)、ギャップ萌えの強化を宣言しファン歓喜 “ビジネス・ヘニョヘニョ”を疑う声も

日向坂46・加藤史帆公式ブログより
 3日、人気アイドルグループ・日向坂46の“かとし”こと加藤史帆が自身のブログを更新。10月2日にリリース予定の3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」(Sony Records/以下同)でフロントメンバーに選ばれたことについて触れ、「この3rd期間では今までなかったような加藤の表現を見せれたらいいなと思います!」と決意表明し、「楽しみにしてるよ!」とファンの期待を煽った。

「加藤いわく、『デビューシングル、2ndシングルはザ・アイドルソング!って感じでしたけどどちらかというとバラード系というかしっとり系』とのこと。最新作では新たな魅力発揮となるか注目どころですね。また、普段のヘニョヘニョした言動と、ステージ上でのギャップが好きだとファンに言われるという加藤は、『そのギャップを自分ではまだよくわかっていませんがもう自分でも分かっちゃうくらいそのギャップを極めたいです!』とも宣言。歌やダンスだけでなく、グループ内で1、2位を争う俊足や、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で見せた野球のバッティングセンスでも視聴者を驚かせるだけに、『まだまだ意外な才能が眠ってそう』と、ファンの注目度は増すばかりです」(芸能関係者)

 しかし、このヘニョヘニョに関しては、火曜日にレギュラー出演するラジオ番組『レコメン!』(ニッポン放送)で共演するお笑いタレント・オテンキのりから“ビジネス”疑惑を抱かれる一幕も。

「8月27日の放送中、ゲスト出演した同期の東村芽依と後輩・丹生明里をリードしようとする加藤の様子に気付いたのりが、『今日のかとしのヘニョヘニョはちょっと、いつもよりしっかりしてるよね』と指摘し、『いつもはビジネス・ヘニョヘニョなんじゃないか』と疑問の声を投げかけました。しかしこれを加藤は否定し、東村が、『いつもこんな感じ』と援護。さらに加藤は、『普段の方がひどいです。何言ってるかわからない』と答えたため、『これよりもヘニョヘニョしてるってどんな感じ?』『楽屋での様子を見てみたい』などと、ファンの関心を集めたようです」(同)

 8月25日に開催されたアイドルイベント『@JAM EXPO 2019』では、体調不良で欠席した小坂菜緒に代わり、デビューシングル「キュン」のセンターを務めた加藤。堂々とした姿で会場を盛り上げたが、普段の脱力スタイルとのギャップ作りはまだまだ伸びしろを期待できそうなだけに成長が楽しみだ。

加藤史帆(日向坂46)、ギャップ萌えの強化を宣言しファン歓喜 “ビジネス・ヘニョヘニョ”を疑う声ものページです。おたぽるは、アイドルアニメアイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

PICK UP ギャラリー
写真new
写真
写真
写真
写真
写真

ギャラリー一覧

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説