『デュエル エクス マキナ』サービス終了を発表も、続いていたことに驚かれてしまう

『デュエル エクス マキナ』サービス終了を発表も、続いていたことに驚かれてしまうの画像1
『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』公式サイトより

 今年8月にスマートフォン向けアプリ『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』がサービス終了を発表。悲しむユーザーが多いと思われたが、SNSなどでは「もうとっくに終わったものだと思ってた」との声が上がっている。

 同ゲームの「公式情報ポータル」サイトでは、「デュエル エクス マキナは2019/10/31(木)15:00をもって、サービスを終了させていただくこととなりました」と告知。有償アイテムの「パワージェム」は9月30日をもって販売が終わり、後日未使用分の払い戻しが行われるという。

 そんな同ゲームがリリースされたのは2017年の3月と、新作の完全オリジナルゲームとしては長く続いた方。内容は多種多様なカードでデッキを構築して戦うバトルフィールドTCGで、大会やリアルイベントも開催されていた。

 しかし同ゲームは昨年3月に、“最終大型アップデート”として「レボリューション 暁の神話」をリリース。それ以降は更新がほとんど途絶えており、一部のプレイヤーだけが残っている状態だった。また公式Twitterも同時期に、「最後のご挨拶」として「エル・田中P・AKIさんのTwitterでの発信は本日をもって終了とさせていただきます」などとアナウンス。事実同アカウントは、今年8月に「サービス終了」のお知らせをするまで更新されていない。

 結局、“最終大型アップデート”から何の更新もないまま1年半以上ゲームが続いたため、今回のサービス終了には、「『デュエル エクス マキナ』ってまだ続いてたのかよ!」「去年の3月で終わったんじゃなかったのか」「最終アプデからこんなに続いたゲームって他にある?」「サービス終了よりも生きてたってことの方が驚き」との声が上がっている。

 一方でゲーム自体の評価は高く、「なんちゃってTCGじゃない良くできたゲームだったのになぁ」「“人がいなかった”という点を除いては良ゲーだった」「こういうゲームが評価されないのは悲しい」と惜しむ人も。また「いくらゲームが面白くても、ネームバリューが無い完全オリジナルだと難しいのかな?」などとも指摘されていた。

 一部の例外はあるが、既存IPに頼らないゲームはそれなりにハードルが高い模様。今後も逆境に負けず、さまざまなオリジナルゲームが世に出ることを期待したい。

『デュエル エクス マキナ』サービス終了を発表も、続いていたことに驚かれてしまうのページです。おたぽるは、ゲームスマホゲームの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説