『二ノ国』は『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を超える駄作⁉ 「2時間の拷問」 酷評相次ぐ

『二ノ国』は『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を超える駄作⁉ 「2時間の拷問」 酷評相次ぐの画像1
映画『二ノ国』公式サイトより

 8月23日に公開されたアニメ映画『二ノ国』。声優に山崎賢人・新田真剣佑・永野芽衣をキャスティングした話題作だが、ネット上で「2時間の拷問」「典型的なシナリオ破綻作」と酷評を浴びている。

 同作は『妖怪ウォッチ』『レイトン』シリーズを生み出してきたレベルファイブの日野晃博が、製作総指揮のほか脚本・原案を担当。『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』にも参加した元スタジオジブリの百瀬義行が監督を務め、音楽に久石譲を起用するなどクレジットにはビッグネームが多い。

 物語のメインキャラは高校生ユウ・ハル・コトナの3人。魔法の世界・二ノ国にユウとハルが迷い込み、コトナにそっくりなアーシャ姫と出会ったことで運命が動き出していく内容だ。二ノ国には現実の世界(一ノ国)と命の繋がった“もう1人の自分”がいて、二ノ国で尽きるはずだった命を救えば一ノ国の人間が代償を払うことになる。

 鑑賞したネットユーザーの評価を見ると、「説明がなさすぎて世界観に共感できず、ここまで観客を遠ざけようとする映画は初めて観た」「日野脚本の悪いところが出ていて全体的に退屈」「たとえマイナス評価でも出てくるだけマシ。『二ノ国』は虚無すぎてなんの感想もない」といった声が。

 今年の夏のアニメ映画といえば、山崎貴総監督・脚本の『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』が炎上したばかり。同作を引き合いに出す人も多く、「ドラクエを余裕で超えて『二ノ国』が今年のワーストを更新」「ドラクエがすぎやまこういちの無駄遣いなら、『二ノ国』は久石譲の無駄遣い」との声が寄せられている。

 酷評が続出中の『二ノ国』。作品評の次は興行収入が心配だ。

『二ノ国』は『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を超える駄作⁉ 「2時間の拷問」 酷評相次ぐのページです。おたぽるは、映画その他の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説