徳井青空、『ラブライブ!』μ’sの新シングル発売に言及 「矢澤にこ概念を背負って生きてる」とファンから賞賛の声

徳井青空、『ラブライブ!』μsの新シングル発売に言及 「矢澤にこ概念を背負って生きてる」とファンから賞賛の声の画像1
『ラブライブ!』シリーズ9周年特設サイトより

『ラブライブ!』矢澤にこ役で知られる声優・徳井青空が、自身もメンバーのひとりとして活動する声優ユニット「μ’s」の新シングル発売について、30日配信のネットラジオ番組『徳井青空のまぁるくなぁれ!』内で言及し、ファンの間で話題を呼んでいる。

 2010年6月に結成されたμ’sは、13年にスタートしたTVアニメがキッカケで人気に火がつき、その後リリースしたCDはオリコンランキングTOP10入りの常連に。15年には『第66回NHK紅白歌合戦』にも出場、16年には東京ドームで「集大成」「一区切り」と位置付けたラストワンマンライブを成功させるなど華々しい活躍ぶりをみせ、以降は、事実上の活動休止状態にあった。

 しかし、今年5月末に『ラブライブ!』シリーズ9周年を記念したイベント『ラブライブ! フェス』が来年1月にさいたまスーパーアリーナにて開催されることが発表され、「Aqours」「Saint Snow」「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」といった同シリーズのユニットとともにμ’も出演することに。

 さらに8月21日にはインターネットの生配信番組『ラブライブ!生放送 μ’s 9th Anniversary 課外活動~のぞりんことほのまき~』の番組ラストで、μ’sのアニメーションPV付き新規シングルの制作が発表。16年にリリースされたファイナルシングル「MOMENT RING」(Lantis)以来約3年ぶりとなる新曲発売だけあって、ネット上ではファンからは喜びの声が上がる一方、「 ニューシングルは嬉しいけどあのストーリーに泣いたのになんか複雑」「ファイナルとは何だったのか?」という声も少なくなかった。

 ブログやTwitterにファンから新シングル発売に関するコメントが届いていたという徳井はラジオ内で、「なんですかね~、難しいよね」と言葉を選びながら、「『あれ? ファイナルシングルは?』ってたぶん思う人も……まぁキャストも思ったよ(笑)」と正直に告白。

 続けて、「思ったが、なんですかね~まぁ“もう一度”っていうのとはまた違う感じなのかなぁって思っていただけたらいいんじゃないですかね~。う~ん。そんな感じです」「ここはひとつピュアな心で、『またμ’sが歌うんだ!』っていう1点だけでお願いできればと思います。お楽しみに」と呼びかけたものの、やはりファンと同じように、その心持ちは複雑なようだ。

 Twitterでも個人の見解であることを強調しながら、「記念の歌、なのでは…!?アニバーサリー音頭とか、アニバーサリーサンバとか、、、」と新曲についての予想をツイートしている。

 そんな徳井に、「このタイミングできちんとFINALシングルに触れるあたり」「ちゃんと自分の思ったことをしっかりと言葉にしてくれるの嬉しい」「あれはファンの総意じゃないかなぁ」「モヤモヤがすっきりした」「矢澤にこ概念を背負って生きてるといつも思う」「さすがそらまる」と、ファンからは賞賛の声が上がっているようだ。

『ラブライブ! フェス』出演が発表されたときには「これまでμ’sを応援してくれたみなさんに、また恩返しできるチャンス」「FINALのお礼もみんなで言えてなかったから…! これからもにこ達をよろしくねって!」と意気込んでいた徳井。同イベントで新曲が披露されることがあれば、全力のパフォーマンスで笑顔を届けてくれることだろう。

徳井青空、『ラブライブ!』μ’sの新シングル発売に言及 「矢澤にこ概念を背負って生きてる」とファンから賞賛の声のページです。おたぽるは、声優アイドル&声優の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説