【京アニ放火事件】35名の犠牲者全員の身元公表へ 京アニ代理人弁護士は「大変遺憾です」

 27日、京都府警察本部が7月18日に発生した京都アニメーションでの放火火災で亡くなった35名のうち、未公表だった25名の身元を公開した。

 地元紙・京都新聞は、『涼宮ハルヒの憂鬱』や『響け!ユーフォニアム』でキャラクターデザインを担当した池田晶子さん(本名:寺脇晶子)ほか4名の身元を報じており、NHKでは今月2日に公表された10名を含む、35名の犠牲者全ての身元を公開した。

 なお、毎日新聞によれば、今回明らかになった25名の犠牲者のうち、20名の遺族が実名での公表に反対したという。

 先日は、京都府内の報道12社からなる在洛新聞放送編集責任者会議が京都府警に実名公表の申し入れを行ったことが明らかになり、世間から批判の声が相次いでいた。この申し入れには声優・緒方恵美も異論を唱え、有志によって立ち上がった「京都アニメーション犠牲者の身元公表を求めません。」というキャンペーンでは、1万5,000人近くの賛同の声が寄せられており、現在も着々と数字を伸ばしている(参照記事)。

 そんな中での身元公表に「信じられない……」と驚く声や、「遺族の意見は反映されているのか」「個人情報保護は徹底してほしい」と気遣う声、「それよりも犯人の状況を公表してほしい」といった声など、世間の反応は否定的なものが多い。

 京アニの代理人弁護士・桶田大介氏も、Twitterで「大変遺憾です」「弊社は、京都府警及び関連報道機関に対し、改めて故人及びご家族のプライバシーとご意向の尊重につき、お願い申し上げます」と呼びかけている。

 各メディアの対応に注目が集まる。なお、NHKと毎日新聞は、遺族に配慮をしたうえで取材や報道をすると宣言している。

【京アニ放火事件】35名の犠牲者全員の身元公表へ 京アニ代理人弁護士は「大変遺憾です」のページです。おたぽるは、アニメ話題・騒動の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説