アニメ『あんさんぶるスターズ!』スバルがTrickstar再結成を決意!? 仲間たちは再びユニットを組むことができるのか?

アニメ『あんさんぶるスターズ!』スバルがTrickstar再結成を決意!? 仲間たちは再びユニットを組むことができるのか?の画像1

 ファン待望のアニメ化!『あんさんぶるスターズ!』第8話がオンエアされた。

「亀裂」 半年前の秋。一年生のスバル、北斗、真、真緒は『金星杯』のステージに立っていた。4人での初めてのライブはほとんど観客がいなかったが、お互いに助け合い、それぞれの心に残るものとなる。そして現在、バラバラになった『Trickstar』やアイドルだった父のことを想うスバル。自分はなぜアイドルになったのかと、守沢千秋率いる『流星隊』がスバルの前に現れる。

 今回は半年前のスバルたちの姿からスタート。まだまだ何者でもない彼らが出会う。客もおらず、まだユニットですらなかった彼らだが、舞台に上がること自体に魅力に取り憑かれていた。そんな気持ちになれたステージを4人で体験できたことが、Trickstar結成のきっかけとなることになった。

 そのはずなのに、現在は4人全員の気持ちがバラバラとなり解散の危機を迎えていた。少し前は紅月を討ち取ったということで注目株だったはずなのに、転落のスピードが速すぎる。それもこれも生徒会の陰謀のせいだ。

 しかし、彼らのポテンシャルに期待しているライバルたちはとても多く、流星隊というユニットの面々が激励に来てくれる。

 この流星隊の面々も個性的だが、筆者は中でもやる気のない高峯翠くんがお気に入りだ。戦隊ものよろしくポーズと口上を述べる面々の中で、やらされてる感丸出しでしゃべるのがツボだった。

 Trickstarをやっていく気があるのがスバルひとりになってしまった。DDDへはふたり以上のユニットでないと参加権すら得られない。このままでは戦わずして負けてしまう。それの姿をみかねたアンズが、一緒に出ることを決意。衣装を用意する。

 覆面をかぶり、ギリギリまでふたりでTrickstarを維持しようとする。だがそこに他のメンバーがまだ揺れているという情報が入ってきた。

 それを聞いたスバルは仲間を迎えに行く。初戦開始まで時間がないこと、すでにユニット変更届を出している可能性などがあるため、今回は諦めるように諭されるが、スバルの決意は固く、部屋を飛び出していくのだった。

 しかし、そんなスバルの決意とは裏腹に真はどこかで縛られ捕まっていた。一体この状況は!? Trickstar、DDD決戦までに再度集うことはできるのだろうか?

(文=三澤凛)

アニメ『あんさんぶるスターズ!』スバルがTrickstar再結成を決意!? 仲間たちは再びユニットを組むことができるのか?のページです。おたぽるは、アニメ作品レビューの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。オタクに“なるほど”面白いおたぽる!

- -

人気記事ランキング

人気声優は大変だね・・・
消えない声優業界の枕営業伝説